日乗・日常

TOTO(トートー)とTQC(テイキュウシー)

日本経済新聞の最終面・文化欄には「私の履歴書」という、各界の著名人が自らの来し方を数十回にわたって振り返るコーナーがあり、前回は俳優の吉行和子さんで、連続テレビ小説のモデルにもなった母親の吉行あぐりさんや兄で作家の吉行淳之介さんの話も交え…

孫の転居とあれこれ

我が家に下宿中の二番目の孫が、コロナウイルスの関係もあって大学の直ぐ近くに引っ越すことになり、娘夫婦と一緒にやって来て1泊2日で荷物運搬や部屋の準備等をやり終えた。少し寂しい感じもするがお互いに自由が少しばかり増えて前向きにとらえようと思…

桐葉菓(とうようか)と風流武辺(ふうりゅうぶへん)

昨日は梅雨の合間で久しぶりにゴルフでホームコースに出かけてきた。 帰宅してみると山口県周南市の中学同級生から手紙とお菓子が届いていた。友人の方に届けて貰う私の本に関することで懐かしい名前も出てきて、嬉しく読ませてもらった。更にお菓子の包みを…

海外・国内女子ゴルフでの嬉しい事

最近のゴルフの世界では今まであり得ないことと思っていたことが立て続けに起こるようになってきた。先日のマスターズでの松山英樹選手の優勝や今回の全米女子オープンでの日本人同士、畑岡奈紗選手と笹生優花選手のプレーオフ、実質世界一を決めるゴルフの…

テレビの故障・買い換え雑感

我が家にあるテレビの内、一番使用頻度の高い一台が突然映らなくなり、電源ランプが赤い点滅を繰り返す。 電源を数回リセットしても復帰せず、メーカーの問い合わせ窓口に連絡を取ったところ、内部の故障と言われ買い換えを勧められた。ランプの点滅で故障症…

梅雨の合間の農作業あれこれ

ぎっくり腰もほぼ完治し、ジャガイモ収穫以来少し間が空いた農作業を片付けようと、あらかじめ器材等の段取りをして雨のあがりにあわせて仕事を開始した。①キュウリの整枝作業と収穫 キュウリの成長は驚く程速い、5本植えた苗は主枝を伸ばすため根元から6…

若き日の山と老いての山

日経新聞の今週の詩歌教養欄に掲載された読者の「歌壇」で本当に久しぶりに心に響く投稿短歌に出逢った。 この欄は毎週目を通すことにしているが、自分自身では短歌俳句は詠まないせいか、なかなかハッとするような歌や句に巡り会うことは少ない。イチオシ短…

大坂なおみ③全仏オープン記者会見拒否~棄権

2月21日以来の大坂なおみ選手関連。全仏オープンに出場していた大坂なおみ選手の、1回戦勝利後の記者会見拒否が物議をかもして波紋が拡がっている。大会前から記者会見が「選手の心の健康状態を無視したインタビューになっている」と表明していたとのこと…

雀三題

①最近家の周囲で雀が喧しい。 ひと頃雀を見ないなあと思っていたが様変わりで、不思議に思い色々と観察していると、どうやら庭の黐(もち)の木の若い実を食べることが主な目的になっているらしい。この実が熟する頃は毎年色々な野鳥や鳩、カラスまで食べに来…

ジャガイモの収穫

今年のジャガイモの収穫は、天気予報からすると梅雨の合間に当たる今しかないと思っていたものの、直前にぎっくり腰をやってしまい思案したが、助っ人にも恵まれ何とか2日間で無事に終えることができた。昨日は朝から近くに住む甥とその子供2人が来てくれ…

映画「知りすぎていた男」と「ケセラセラ」

NHKBSプレミアムシネマで放映され、長い間録画したままにしていた、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画「知りすぎていた男」を昨日夜ようやく見ることにして、ビックリしてしまった。私は映画を観るまで有名な歌「ケセラセラ」がこの映画の劇中歌であるこ…

やってしまったぎっくり腰

◎またまた注意不足でぎっくり腰をやってしまった。 ゴルフで疲れているにもかかわらず、長く歩いて歯医者に行き帰宅、天気予報で雨が近い事を聞いたのでその前に畑の夏野菜に追肥しようと段取り、中腰になった途端にグキツと来てしまった。前回より少し軽い気…

映画「わが谷は緑なりき」

NHKBSのプレミアムシネマでまたまた良い映画を観てしまった。題名は「わが谷は緑なりき」でアカデミー作品賞などを受賞している。 監督がジョン・フオード、女優の一人がモーリン・オハラと出た時点でジョン・ウエインが出てくるような古典的な西部劇を予測し…

「お帰りモネ」清原果耶さんと天気予報

NHK朝の連続TV小説が、コテコテの関西もの「おちょやん」から東北・宮城を舞台にした「お帰りモネ」にバトンタッチし何か雰囲気も朝ドラの王道に戻ったような気がしている。気仙沼で震災を経験した主人公が、「誰かの役に立ちたい」という自分探しの中で「気…

映画「老人と海」

NHKBSのプレミアムシネマで「老人と海」が放映され録画しておいたのだがこの梅雨に入り、出来る事が限られるなか、ゆっくり観させて貰うことになった。 「老人と海」は言わずと知れたアメリカの国民的作家アーネスト・ヘミングウェイの作品で、時折教科書や…

サツマイモの植え付けなど農作業あれこれ

ホームコースでの70歳以上のゴルフの集まり「泉寿会」がコロナと雨天が重なって流れてしまってガッカリしている。おまけに驚くような早い梅雨入りで当面雨模様が断続的に続く予報、本来は晴れた日にまとめてやりたかった農作業を、雨の止み間にこなして行…

司馬遼太郎「梟の城」と作家・黒岩重吾①

NHKBSでは過去の番組で視聴者から再放送の要望の高い番組を「プレミアムカフェ」と呼ばれる時間枠で再放送している。今回は2002年放送された「名作をポケットに」という番組から司馬遼太郎さんの初期の作品で直木賞を受賞した「梟の城」が取り上げられ、…

映画「ベン・ハー」

NHKBSのプレミアムシネマで映画「ベン・ハー」を録画してまたまた観てしまった。劇場で数回、TVで数回併せて5~6回目かもしれないが、観るたびに新しさがあり観入ってしまう。何しろ間に、intermission(休憩)まであらかじめ準備されている218分に及ぶ大…

初めての玉ねぎ収穫

昨日は人生で初めて玉ねぎを収穫した。 インターネット先生が教える収穫時期「ネギの葉が8割方倒伏する状態」の目安からすると少し早いような気もするが、天気予報を見るとこの先雨が続きそうなので思い切ることにした。収穫直前の畑の状態 11月6日に苗…

藤圭子さん「はしご酒」

今から40年以上前、演歌歌手・藤圭子さんのあのしゃがれた声の歌が、世のなかにあふれていたような気がする。 何か影を感じるような風貌と歌い方でそれが全体の雰囲気になり、世間が何かを感じ取っていた。今年も少しサツマイモを植えようと思い、今日雨が…

「吉田類の酒場放浪記」1000回スペシャル

BSTVの番組「吉田類の酒場放浪記」が18年経過して1000回になるらしくスペシャルとして放送された。 2019年6月6日のこの日記で番組のことについて書き、以後も、色々な酒場、居酒屋の雰囲気を楽しませてもらい、私の知らない「のんべえ」の流儀を…

真備のお土産「琴弾岩(ことびきいわ)」など

コロナ騒動で緊急事態宣言が出されて、下宿中の孫の大学がリモート授業に切り替わったために、互いの予防も含めて実家の倉敷市真備町へ連れ帰るため、娘が久し振りに我が家へやってきた。そのお土産に、2019年7月の真備町の水害から再建された和菓子屋…

「ゆるい生活」からだのあれこれ

群ようこ著「ゆるい生活」朝日新聞出版刊を読んでいる。 著者は作家、エッセイストで色々な雑誌などで名前を見ることが多い。 (表紙のデザインが面白い) プロフィールを見ると私より5歳年若のようだが、50代半ばにさしかかった頃、からだの不調が続くなか…

タイ・プーケット島

NHKBSに「2度目の○○」という番組がありタレントが世界各地を2度目に訪問する設定で、穴場や格安の旅を楽しむ。時折自分が行ったことのある街などが放送されると録画して見ることがある。今回はタイのプーケット島で若手タレントが旅するが、ナレーション担…

「暗がりで本を読む」

徳永圭子著「暗がりで本を読む」本の雑誌社刊 を読み終えた。初めて聞いた著者名だが、大型書店・丸善に勤務の書店員さんで今話題の「本屋大賞」に関わったり「本の雑誌」や新聞で書評やコラムを書いておられるようで、これが初めての本になるらしい。 本好…

コロナで帰省を断念

この5月、色々な用事も含めてふるさとの厚狭へ帰省を計画していた。 ・墓参り ・叔母さんや従姉妹と会う ・高校の同級生と会う ・私の本「厚狭吉亭日乗」を各所に届ける etc年明けくらいから楽しみに計画して、コロナの状況を見ていたが、住んでいる大阪で…

キュウリとナス1回目の植え付けと畑仕事

今年はキュウリとナスの栽培を始めて3年目で、各々4本植える計画(去年は3本ずつ)、収穫時期を長くするため2本ずつ時季をずらして植えてみようと考えている。昨日はホームセンターへ行き、キュウリとナスの苗2本ずつ、何れも病害に強い接ぎ木苗を購入し…

真夏の刺身弁当

沢野ひとしさんについてはほとんど知らずにその著書「北京食堂の夕暮れ」「中国銀河鉄道の旅」を読んできた。 主に中国各地を旅したエッセイであった。今回図書館でその沢野ひとしさんの新刊(2021年3月15日発行)「真夏の刺身弁当~旅は道連れ世は情け…

おだいっさま・お大師さま

私の子供の頃の想い出には色々なものがあるが、ふるさとの習俗とも絡んで遥かな歴史をも感じさせられるのが、この時季の懐かしい「おだいっさま」参りである。「おだいっさま」とはお大師様がなまったもので云うまでもなく空海、弘法大師をいい、誕生地・四…

農作業の日

昨日は雨から2日経過して、土の具合が丁度良くまたスッキリした晴天で、格好の日と思い気になっていた農作業を片付けた。1、ジャガイモの芽かき 種イモから必要以上の芽が出て茎を伸ばすと、芋の大きさが小さくなるので、ひとつの種イモから3本までとして…