歴史の彼方から

「沖縄の歴史Q&A」

今から半世紀以上さかのぼる私の義務教育時代の社会科では、[江戸時代は長崎・出島を唯一の例外として厳格な鎖国体制にあった]と教わった。然し最近の日本史研究では、この時代「四つの口」と呼ばれる対外的な窓口が開かれていたというのが定説になってお…

厚狭小学校ゆかりの東明寺について

私は昭和37年(1962)の山口県山陽町(現山陽小野田市)立厚狭小学校の卒業生で、この懐かしい小学校は敷地を新幹線が通ることになり昭和46年旧地より北の厚狭川東岸に移転して現在に至っている。この旧小学校の由来は2020、8、15、のこの日記「…

日本外交の祖・陸奥宗光との縁

私の本を送ったなかでいろいろと反響を頂いたが、同級生の一人から手紙とメールを貰い、その中に、母方が紀州の出自で陸奥宗光(むつむねみつ)と縁があったと書かれてあった。 (陸奥宗光は日本外交の基礎を築いたとも言える人物で外務省にその像が立つ)文中…

ミチクサ先生・子規との最後の別れ

日経新聞に作家・伊集院静さんが連載中の「ミチクサ先生」は前にも書いたように夏目漱石が主人公だが、実際に親友であった正岡子規との交遊がとても興味深く描かれる。司馬遼太郎さんは「坂の上の雲」で正岡子規と秋山好古、真之兄弟の同郷(伊予松山)の関係…

ふるさと厚狭・松嶽山と美祢・南原寺

山口県在住の中学校同級生に私の本を送ったところ、同級生の友人も歴史が好きで本を読みたいと言われているとの手紙を貰い、喜んで別の一冊を送った。その友人の方は美祢出身で、美祢市伊佐地区にある真言宗南原寺(なんばらじ)が好きで何度も行かれているら…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家⑦最終回

毛利家が一発の鉄砲も撃てないまま、中国8ヶ国120万石から周防、長門2ヶ国36万石に押し込められた関ヶ原合戦の経過を書いてきたが、ここまできて私なりにその敗戦の要因を整理し直すと。1、まず当時の毛利家、当主輝元を始め一族に、近い将来への共…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家⑥2度の敗け

慶長5年(1600)9月15日関ヶ原の戦いは東軍勝利に終わり、以後概ね次のような経過をたどり、敗戦後の毛利家領国が確定していく。1、西軍に属した毛利勢主力は一度も交戦しないまま大阪城にいる当主・輝元のもとに帰着する。2、輝元は四国、九州など…

厚狭毛利家⑲初代元康の足跡②

1月31日のこの日記に続く2回目で「関ヶ原ー天下分け目と毛利氏の戦い」展示図録をひもとく。この日記に何度か触れたように毛利家3代目輝元には当初、子がなく、叔父吉川元春、小早川隆景等の承認のもとに、叔父元清の子秀元を後継者含みで養子にした。…

御城之口餅(おしろのくちもち)と豊臣秀長

奈良県大和郡山市にお住まいの、現役時代お世話になった会社の先輩から、奈良県最古のお菓子屋が作る、「御城之口餅(おしろのくちもち)」という餅菓子を頂いた。 同封のパンフレットに書かれてある由来を読むと、400年以上前、豊臣秀長が大和郡山に入部(…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家⑤

1月29日のこの日記に続く5回目慶長5年(1600)9月15日、関ヶ原盆地の西方にあらかじめ陣を敷いた石田三成等の西軍に対して、東軍主力の福島正則を先鋒とする豊臣系諸大名や徳川家康の部隊が、南宮山麓に陣を敷いた毛利軍の前面を東から進軍、関ヶ…

厚狭毛利家⑱初代元康の足跡①

関ヶ原合戦の毛利家を追跡する過程で色々な資料を参考にさせて貰ったがその中のひとつが令和元年10月から下関市立歴史博物館で開催された特別展「関ヶ原ー天下分け目と毛利氏の戦い」の展示図録で学芸員松田和也氏が編集執筆されたものである。この資料を…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家④

1月26日のこの日記に続く4回目3回目まで、合戦前段における毛利家内部の対立や西国での毛利家領土拡大を狙った動きを書いてきたが、 今回は当主毛利輝元が西軍の旗頭として大阪城に入った慶長5年(1600)7月19日から関ヶ原で東西両軍が激突した同…

山口銘菓・外郎(ういろう)

山口県に在住の同級生からコーヒー豆と山口の銘菓「外郎」を贈って頂いた。 私がこのブログに時折喫茶店の事や、お菓子のことなどを書いているのを見て贈ることにしたと書かれており恐縮、感激してしまった。山口県の宣伝部員として、これは銘菓「外郎(うい…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家③

1月23日のこの日記に続く3回目関ヶ原合戦は美濃国(岐阜県)で行われた大会戦で、どうしてもその場所の戦いがクローズアップされるが、実際には日本国中で同時期に中央の争いが波及した形で大小の戦いがあった。結果的に見ると関ヶ原ではたった半日で決着…

山口県名産焼き抜き蒲鉾(かまぼこ)

私の初めての本は、山口県厚狭周辺の歴史などを主に書いているので、友人を通じて山口県在住の従兄弟さんに送って貰ったところ、丁寧な感想と併せ、山口県名産のかまぼこを贈って頂いて恐縮してしまった。山口県のかまぼこはいわゆる「焼き抜きかまぼこ」が…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家②

1月21日のこの日記に続く2回目 以下の内容は、朝日カルチャーセンターでの笠谷講師の講義、下関市立長府歴史博物館からの史料、光成準治著「関ヶ原前夜・西軍大名たちの戦い」やその他の史料を参考に自分なりに整理したものです。慶長3年(1598)8月…

天下分け目・関ヶ原合戦の毛利家①

歴史のなかには、わからないことを紐解いていく、面白さや楽しみがある。 私のふるさとを江戸時代に治めた毛利家が、関ヶ原合戦でなぜ、一発の鉄砲も撃つことなく敗けたのか、長い間抱えている私の疑問である。関ヶ原合戦は言う迄もなく徳川・江戸時代の到来…

堺名物「けし餅」

一昨日は何時もゴルフをご一緒するホームコースのメンバーに私の本「厚狭吉亭日乗」を計5冊を受け取って貰った。その内のお一人は堺市のホームコース近くにお住まいで、現在ゴルフを中断されており、様子を伺いがてら短時間お邪魔させていただいた。 プレー…

甘糟りり子「鎌倉の家」

甘糟(あまかす)りり子と言う名前は週刊誌に時折載っている短い記事やエッセイで記憶の隅に残っていた。甘糟の姓は歴史好きなら知っている人も多いと思われるが、越後(新潟県)の戦国大名・上杉謙信の有力家臣一族で、上杉家が米沢に移っても続いている。甘糟…

和泉国・和田(にぎた)氏

私のホームコースのある大阪府堺市を地図で見ると、和田川など和田(わだ)という地名が、たくさん出てくる。 これは中世、和泉国(現在の大阪府を構成する、旧国名、摂津、河内、和泉の内の一つ)大鳥郡和田(にぎた)郷を中心に発展していった武士集団に由来し…

適塾⑥福沢諭吉

以前このブログでも触れたように、私のふるさとを治めていた厚狭毛利家のお抱え医の家系・桑原兄弟が、緒方洪庵先生の大阪適塾塾生であったことから、それを調べる過程で大阪大学適塾記念センターが運営されている、適塾記念会に入会している。 この為最新の…

中断中のひとりごと・李登輝「台湾の主張」

台湾の元総統・李登輝さんについては、その死亡の報道を聞いて2020年8月1日のこの日記に「李登輝さんの訃報」を書いた。戦後、日本の支配から脱した後、本土からの蒋介石・国民党由来の支配が続いたなかで初めての台湾出身の総統として、台湾が民主化…

中断中のひとりごと・童謡詩人金子みすゞ

NHKBSスペシャルで、〈「こころの王国」~童謡詩人 金子みすゞの世界~〉と言う番組が放映され録画して観た。 これは1995年8月の再放送だと言うテロップが流れたが、現在観ても全く色褪せていない。金子みすゞは山口県長門市仙崎の生まれ、私の生まれた…

中断中のひとりごと・近江甲賀郷

昨日はどうしても避けられない用事が出来て近江(滋賀県)の甲賀市まで出かけてきた。 奈良を抜ける西名阪自動車道を利用して、行きが1時間と少しの道のりなのだが、帰りは3時間半もかかってしまった。梅林で有名な「月ヶ瀬」に架かる「五月橋」と付近の登…

中断中のひとりごと⑳蒲生(がもう)郡でのゴルフと蒲生氏

昨日は近所のゴルフ好き同年代4人で滋賀県蒲生(がもう)郡竜王町にあるゴルフ場へ、およそ約100Kmの距離をいとわず 出掛けてきた。 旧国名でいくと、河内、摂津、山城、近江と4ヶ国をまたにかけた遠征行である。暑くもなく寒くもない天気に恵まれ、ゴル…

中断中のひとりごと⑲奈良でのゴルフと「麒麟がくる」

◎昨日は秋晴れの、これ以上無いような天気の下、大阪在住ふるさとの中学校同級生3人で奈良市山手にあるゴルフ場へ。 言い訳出来ない状況の中、スコアは目標5打未達、48、46、トータル94。最近反省ばかりで我ながら進歩が無い。ゴルフ場グリーン脇の…

中断中のひとりごと⑱ドングリがいっぱい

清々しい秋らしい朝が続いている。 明日はゴルフなので体力を温存しようと思い、今朝はいつもの5Kmの歩きコースを止めて近くの団地そばにある、くぬぎ林周辺を廻ることにした。多分ドングリが落ちている筈と思い行ってみたのだが、やはり例年の通り大量に落…

中断中のひとりごと⑯三木市でのゴルフとあれこれ

昨日は中国・上海に駐在していた折に、晩御飯で立ち寄っていた居酒屋で知り合ったメンバー3人で、兵庫県三木市の三木セブンハンドレッドゴルフ場へ。折から阪神高速が点検修理作業で、一部通行止めの影響もあり近畿道を中心に、行きも帰りも各2時間近くか…

中断中のひとりごと④古地図を片手にまちを歩こう

このブログを抜粋して本にするため故郷厚狭に帰省し写真を撮り直そうと思っていたところ、ネットの情報で、厚狭の旧跡を古地図を片手に巡っていくイベントを知り、訪ねる箇所が私が写真を撮りたい箇所と重なることが分かり、申し込んで参加してきた。ベース…

中断中のひとりごと③適塾塾生桑原氏の墓

このブログ日記から抜粋して本にするため、この際、ふるさと厚狭の写真を取り直そうと一泊二日で厚狭に来ている。この機会に、史料に記載があるものの未だ見ぬ史跡などにも当たって見ようと考えていたが昨日、厚狭の象徴のひとつ物見山の護国神社で出会いが…