歴史の彼方から

四境戦争に対応した長州藩の軍制改革と厚狭①

9月20日のこのブログで、第二次長州征伐(四境戦争)に向け元治2年=慶応元年(1865)長州藩内で「防長御一和・武備恭順」の藩論統一が成ったことを書いた。 同年4月19日幕府は第二次長州征伐の軍令を発し諸藩へ軍事動員を行った。しかし実際に幕府軍…

長州藩の危機・内戦処理に於ける支藩の動き

長州・萩藩公称37万石には長府藩5万石、徳山藩4万石、清末藩1万石、の支藩と別家として岩国を領する吉川家6万石、の4家があった。 (支藩は本藩が幕府に願い出て承認されて成立するが、岩国吉川家は関ヶ原敗戦の遺恨から萩藩が幕府への願いをしないま…

「播州の国」

旧播磨国である神戸市の西の端に住むようになり、この地域の歴史などにも興味を持ち初めている。 作家・司馬遼太郎さんの数代前の先祖は播磨国の出身であることは黒田官兵衛が主人公の作品「播磨灘物語」のなかにも書かれていたが、その司馬さんに 「播州の…

長登(ながのぼり)銅山跡と奈良の大仏

最近このブログでは、長い間追跡している厚狭毛利家が長州藩の内戦いわゆる大田・絵堂の戦いで負け組になった処まで書いてきた。 ちょうどこのとき、山口県在住の同級生から美祢市美東町にある大田・絵堂戦跡に行ってきたとの便りがあり同じ美東町にある長登…

厚狭毛利家代官所日記㊶元治元年(1864)嗣子の誕生

今まで書いてきたようにこの頃長州藩の内戦で厚狭毛利家当主が俗論派の旗頭になったが、内戦は敵対した正義派諸隊の勝利で終わり、厚狭毛利家は逼塞(ひっそく)に追い込まれた。 この厳しい状況下、厚狭毛利家に世継ぎが誕生する。 元治元年12月27日の記…

長州藩士・長井雅楽(ながいうた)/中秋の名月

幕末維新の激動のなかで滅亡の縁にも立たされた長州藩には非業の死を遂げた有為な士が多く出た。あまり世間には知られていないが、藩士の中核である大組(おおくみ)士の出自であった長井雅楽もその一人で、その才を多くから嘱望されながら政治的な立ち位置か…

「戦国と宗教」

神田千里(かんだちさと)著「戦国と宗教」岩波新書版 を読み終えた。 著者は私と同年齢の歴史学者で中世史が専門で特に宗教社会史を手掛けて来られたとのことである。この本では ・戦国大名の呪術を含む信仰 ・一向一揆・本願寺教団の実像 ・キリスト教との出…

厚狭毛利家代官所日記㊵元治2年(1865)長州藩内戦終結と厚狭

高杉晋作の挙兵で始まった長州藩の俗論派政府と諸隊中心の正義派との衝突は激戦地の名前をとって一般に「大田・絵堂(おおたえどう)」の戦いと言われる。 (大田・絵堂は私のふるさと厚狭の北東、現在の美祢市の一部で、当時の政治の中心・山口と萩の中間点に…

長州の攘夷とは

ふるさと山口県厚狭を給領地とした厚狭毛利家の代官所日記を読み込んだり、長州・萩藩の明治維新前後の歴史を調べていくと、当時の長州人や長州藩のたどった行動で最も不可解と感じられることが「攘夷」という言葉にあるように思われる。中国の中華思想は外…

毎朝のウオーキングと四国八十八ヶ所

神戸に引っ越し後、特に予定が入っていない日は朝、隣接する健康公園の外周2kmを歩き、午後はゴルフ場沿いの坂の道を約2km歩くのを日課にしている。健康公園の管理事務所には四国八十八ヶ所の巡礼路の距離相当に応じたスタンプカードがあり歩いた距離に応…

「兵庫人国記」・山片蟠桃(やまがたばんとう)

黒部亨著「兵庫人国記」神戸新聞総合出版センター 刊を図書館から借り出し読んでいる。 著者は神戸市在住の作家で、近世以降の旧五ヶ国(但馬、丹波、摂津、播磨、淡路)の先賢の人物像をうかびあがらせ、「人物をとおして郷土の歴史を探る」ことがその目的だ…

厚狭毛利家代官所日記㊴元治元年(1864)④農兵の実態

8月11日のこのブログで、長州藩内は元治元年12月16日の高杉晋作の下関挙兵から正義派と俗論派との内戦に突入し、厚狭毛利家当主・能登が俗論派として諸隊追討総奉行兼先鋒隊総奉行を拝命、高齢のこともあって養嗣子・宣次郎が引き継いだこと迄を書い…

ふるさと厚狭周辺の神功皇后(じんぐうこうごう)伝説

8月27日のこのブログの続き4世紀半ばとされる仲哀(ちゅうあい)天皇の后(きさき)・神功皇后が朝鮮半島に出陣してその地を服属させたとの「日本書紀」の記述は、西日本各地に関連した伝説として拡がっている。例えば娘の住む岡山県倉敷には二万(にま)とい…

秀吉の二度の大返し

私の引っ越した神戸の西の端の高台からは西国街道・旧山陽道を俯瞰(ふかん)出来る位置にありついこの事を書かねばと思ってしまった。豊臣秀吉はその生涯で二度大軍を率いて反転し大攻勢に転じることで戦局を有利に導き大勝を博した。最初は本能寺の変の急報…

「日本はこうしてつくられた」と神功皇后(じんぐうこうごう)伝説

作家・安部龍太郎さんの「日本はこうしてつくられた・大和を都に選んだ古代王権の謎」小学舘 刊 を読んでいる。 著者は中世や戦国時代の作品が多かったが、現在日経新聞に連載中の「ふりさけ見れば」など古代にその興味や軸足がが移ってきているらしい。紀伊…

節刀(せっとう)とは

日経新聞に連載の作家・安部龍太郎さんの小説「ふりさけ見れば」は奈良時代遣唐使の物語である。先週分は遣唐使から帰国した吉備真備(きびのまきび)が左遷の境遇からの挽回を期して、仏教の戒律を知る鑑真和上(がんじんわじょう)を唐から招聘するため再度第…

街道をゆく「神戸散歩」

大阪から旧播磨国の東端、兵庫県神戸市の西の端に当たる地に引っ越してきたので周辺の勉強を兼ねて司馬遼太郎さんの「街道をゆく」シリーズの関連する三章を読み直しているがその第三回最後になる「神戸散歩」司馬さんは当時住んでいた大阪と神戸の街の性格…

厚狭毛利家代官所日記㊳元治元年(1864)③播州竜野藩とのつながり

元治元年の長州藩と云えば、これまで書いてきたように内にあっては「禁門の変」で京から敗走して「朝敵」になり第一次長州征伐で幕府の大軍を迎え、外にあっては4ヵ国連合艦隊の下関砲撃を受け、内憂外患滅亡の縁に立たされた年である。これを受けこれまで…

甲子園決勝戦と白河の関

昨日は夏の甲子園決勝戦で宮城県代表・仙台育英と山口県代表・下関国際が戦い、仙台育英が8ー1で下関国際を圧倒した。 私は山口県生まれなので当然ながら下関国際を応援していたのだが、準決勝までに感じられた流れを引き寄せる力が、仙台育英の総合力に遮…

源(げん)と平(へい)の成立②

8月15日の続き『臣籍に降下した源氏のなかで多くの者は数世代で零細な存在になり、特に清和源氏が地方に土着して武家化しついには後代、関東を制する事になる。平氏のなかで関東で土着するのは桓武(かんむ)平氏で、それぞれ地名を名字にして千葉、上総(か…

街道をゆく「明石海峡と淡路みち」

播磨国の内へ引っ越してきたので司馬遼太郎さんの「街道をゆく」の内、関連の部分を読み直す第二弾「明石海峡と淡路みち」 とにかく神戸市の西の端に引っ越して一番良かったことを挙げると南面全体に広がる海の風景かもしれない。明石海峡はベランダからは前…

源(げん)と平(へい)の成立①

直近のNHK大河ドラマが「鎌倉殿の13人」で久しぶりに源氏と平氏に焦点が当たっている。播磨国を知るべく司馬遼太郎さんの「街道をゆく」を読み直すため図書館で司馬遼太郎全集の該当する巻を借りだし読み始めているが全集各巻には月報という小冊子が附属し…

街道をゆく「播州揖保川(いぼがわ)・室津(むろつ)みち」

播磨国の内へ引っ越してきたので司馬遼太郎さんの「街道をゆく」のなかの播州部分を読み直すことを書いたがその第一弾として「播州揖保川・室津みち」を読んでいる。揖保川と言えば中国山地の山並みから播州宍粟(しそう)郡、竜野(たつの)を経て南下して播磨…

厚狭毛利家代官所日記㊲元治元年(1864)②当主の諸隊追討総奉行就任

厚狭毛利家当主・毛利能登は8月7日のブログの通り元治元年9月長州藩俗論派政府の家老職に就いたが、折から第一次長州征伐で幕府軍が国境(くにざかい)に迫っており、能登は岩国分家の当主・吉川監物(きっかわけんもつ)等と協力して幕府側と折衝に当たるな…

誕生日と長崎忌「なぜ太平洋戦争を始めてしまったのか」

今日8月9日は私の誕生日だが長崎原爆忌でもある。この年齢になると誕生日は冥途への一里塚のような気もしてあまり感慨はないが、8月のこの頃になるとマスコミの影響もあり、なぜあの無謀とも云える太平洋戦争を始めたのかをついつい考えてしまう。日本史…

厚狭毛利家代官所日記㊱元治元年(1864)①当主の加判役就任

〔厚狭毛利家代官所日記は残念ながら文久3年(1863)10月から元治元年(1864)8月までが欠落している〕長州藩では幕末この当時を表す「元治の大局(げんじのたいきょく)」という言葉があり、この頃時勢は大きく転回を始める。・元治元年6月5日 京で…

中国者(ちゅうごくもの)の律儀(りちぎ)

「中国者の律儀」という言葉がある。 この場合の中国者というのはもちろん、大陸の中国を指すのではなく山陰、山陽の中国地方ということである。 また律儀とは義理かたく実直なことをいう。この言葉の最初は中国地方の太守・毛利氏を表す事から発し、信長の…

塩野七生さん各人各句③フリードリッヒ二世

8月1日のこのブログの続き、中世の西洋世界で宗教を背景に絶対の権力者であったキリスト教会に反逆した神聖ローマ帝国皇帝・フリードリッヒ二世は、俗世の最高権力者で十字軍も率いたが、聖地イエルサレムの回復と云う難事業をイスラム教徒の血を流さず外交…

「播磨灘物語」

私が引っ越してきた神戸市垂水区は旧国名で云うと播磨国(はりまのくに)の東の端に当たる。 旧い地図を見ると、となりの須磨より東が摂津国(せっつのくに)であり何とか播磨国にすべりこんだ気がしている。播磨の西は千種川(ちぐさかわ)で岡山・備前国(びぜん…

塩野七生さん各人各句②カエサル

7月29日のブログの続き塩野七生さんが西洋史世界のなかで最も魅力的な人物として挙げる古代ローマ人ユリウス・カエサルの言葉。今から2000年以上前のローマが共和制であった時代。 反乱が起きそうな事態になり元老院は大騒ぎになり共謀者とされる5人…