読書の勧め

「街道をゆく・長州路」④最終回・忍びぬまま

吉田松陰が主宰した松下村塾の塾生で、松陰自ら4人の俊秀として挙げたのが、高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一である。 彼らは全て明治維新を見ることなく死ぬことになり「革命では第一級の人物が非業の死を迎え二級の人物がその果実(権力)を得る」…

蘇鉄(そてつ)あれこれ

毎朝歩く健康公園は数ヵ所に大きな蘇鉄がその存在感を見せている。 蘇鉄を見るとつい口ずさみたくなる歌がいくつかあるが、考えてみると当たり前でみな南の歌である。・三沢あけみさんが唄った「島のブルース」♪︎♪︎奄美なちかしゃ 蘇鉄(そてつ)のかげで 泣け…

北条政子の歴史を変えた大演説②

6月25日の続き主だった東国武士、鎌倉御家人を集めた北条政子の演説のポイントはおよそ次の通りであった。・故右大将頼朝が朝敵を征伐し関東(鎌倉幕府)を草創して以降、御家人達は「官位」「俸禄」も手に入れた。 その恩は山より高く海より深い。その恩に…

「播磨百人伝(はりまひゃくにんでん)」

駅前に用事がありマイクロバスで出掛けたが、時間調整もあり先日借り出しカードを作った図書館に寄った。 引っ越した地域の歴史などがわかる本がないかと探して借りたのが、寺林 峻 著「播磨百人伝」神戸新聞総合出版センター刊である。 私の新住所・神戸市…

「街道をゆく・長州路」③奇兵隊

6月24日の続き長州人に関わる司馬遼太郎さんの「長州路」の記述を抜粋していく。司馬さんが山口・湯田温泉を訪ねた時の話。『長州は奇兵隊の国である。「何か民謡をやってくれませんか」とTさんが芸妓(ネエサマ)にたのんだ。ーーー 出たのは「男なら」と…

北条政子の歴史を変えた大演説①

現在放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では小池栄子さんが頼朝の妻で北条義時の姉に当たる北条政子を演じられている。 (正直に云うと私はこの番組の熱心な視聴者ではないのです)政子は頼朝亡きあと実子である二代将軍頼家(よりいえ)、三代将軍実朝(さ…

「街道をゆく・長州路」③怜悧(れいり)とは

6月19日のブログの続き、長州人に関わる司馬遼太郎さんの「長州路」の記述を抜粋する。【幕末になると水戸(藩)あたりでは、「長州人は怜悧という評判があり、うかつに手を結べない。結べばかんじんなところで体(たい)をかわされるおそれがある」という観…

「街道をゆく・長州路」②「しあわせます」

6月17日のブログの続き、司馬遼太郎さんの「街道をゆく・長州路」のなかから、私も何かしら感じるところがあるふるさとの長州人を表した部分を何回かに分けて抜粋していく。『ーーー山口県というのは自然がまろやかで、気候は温和であり、お行儀や言葉づ…

「街道をゆく・長州路」①

最近NHKTVで作家・司馬遼太郎さんの長大な紀行作品を原作にした「街道をゆく」が再放送されている。 司馬さんが1971年から1996年にかけて国内外を旅してその歴史や風土、人の生き方などを縦横に書いて週刊朝日に連載、全43巻が刊行されたものをベ…

「日本人として知っておきたい琉球・沖縄史」

原口 泉著「日本人として知っておきたい琉球・沖縄史」PHP新書 を読み終えた。 用事で駅前へ出た折、帰りのバスの待ち時間が小1時間生じてしまい、さてどうしようか? こういう場合私の行動パターンは大体2つに集約される。 ①近くの喫茶店でコーヒーを、 ②…

長府人・乃木希典③厚狭に残る父親のエピソード

乃木将軍の父親・乃木希次(まれつぐ)は長府藩の藩医であったが弓の達者などを見込まれ、武臣である馬廻り役に取り立てられた。 その後紆余曲折を経て藩主一門の礼法指南役や藩校講師などを勤める。私のふるさと厚狭は、その大部分が萩毛利藩家臣としての厚狭…

長府人・乃木希典②

雑誌「文藝春秋」では昨今の世評に応え皇室に関する色々なことが記事になっているが、今年の2月号では「天皇を鍛えた男たち」という題で元宮内庁書陵部の職員・米田雄介氏が天皇となる方へのいわゆる「帝王教育」の歴史などを書かれている。その中に乃木将…

長府(ちょうふ)人・乃木希典(のぎまれすけ)①

日露戦争の旅順要塞攻略戦を指揮した乃木将軍は唱歌「出師営(すいしえい)の会見」に唄われたり、明治天皇が崩御された折りに殉死したことなどで知られた明治人である。明治陸軍に君臨した山県有朋などとの繋がりで長州閥の一員に数えられるが長州藩の出身で…

岩波書店のあれこれ

岩波書店の名前は私たちの若い時代にひかり輝いていた。 数ある出版社の中で大衆化路線とも云うべき講談社や小学舘、集英社などとは対極にあり、その本は日本の文化事業を牽引するような自負を感じたものである。「岩波講座・世界歴史」といった各種の講座シ…

安野光雅(あんのみつまさ)「わたしの好きな 子どものうた」

画家・安野光雅さんは独特な懐かしさを感じさせる画風で数多くの絵本を出され、私の子供にも何冊か絵本を買った想い出がある。作家・森鴎外と同じ島根県津和野の出身で距離的に近い山口で学ばれ、山口県出身の私にはとても親近感がある。現在住んでる施設に…

「英雄を歩く」

安部龍太郎著「英雄を歩く」日本実業出版社刊 を読み終えた。 安部龍太郎さんは現在日経新聞に阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)や吉備真備(きびのまきび)たち遣唐使の物語「ふりさけみれば」を連載中で、阿倍仲麻呂がついに帰国がかなわず異国に骨を埋めることに…

「乳のごとき故郷」

今年1月30日このブログに『映画「蝉しぐれ」と作家・藤沢周平』と題して藤沢周平さんのことを書かせてもらったが後日近所の図書館にいくと、たまたま同じ藤沢さんのエッセイ集「乳のごとき故郷」と出会い借りだして読み終えた。 以前にも触れたが藤沢さん…

「天正伊賀の乱(てんしょういがのらん)」

「天正伊賀の乱」とは織田信長の天下布武が見え始めた天正期(1573~)に織田勢力が伊賀国(いがのくに・三重県)を攻めた戦乱である。 伊賀は山あいの小国で戦国大名の支配外にあり地侍集団が治めるいわば自治の国であった。この地侍集団がいわゆる忍びの者…

太融寺(たいゆうじ)・淀殿(よどどの)の墓

北川 央(きたがわひろし)著 「大阪城ー秀吉から現代まで50の悲話」新潮新書 を読み終えた。 著者は大阪城天守閣の学芸員を長く勤め現在は館長とのこと。 題名にある通り秀吉時代から現代まで大阪城に関連するエピソードや事件などの裏話の小編を50話まと…

「いきたくないのに出かけていく」・叫ぶ人

角田光代(かくたみつよ)著「いきたくないのに出かけていく」スイッチ・パブリッシング社刊を読み終えた。 今まで角田さんの著作は全く読んだことはないが、映画にもなった「八日目の蝉」の原作者としては知っており、以前NHKTVの山番組で見かけてなかなか面…

岡本綾子さんのゴルフ本

仕事に関する実用書を除いて、本はもっぱら自分の好きな非実用的な分野のものを読んで「無用の用」を実践してきたが、ゴルフに関するものは例外で、色々な人のゴルフエッセイや練習方法論等を読んできた。中でも岡本綾子さんの関連本は10冊位は読んだ気が…

天智(てんち)と持統(じとう)

遠山美都男 著「天智と持統」講談社現代新書を読み終えた。 最近の古代史ではこの本の主人公とも云うべき、女性であった持統天皇の功績を大きく評価する動きが一層出ておりTVの歴史番組でも時折名前が出てくる。この本の題名のもう一方、天智天皇は若き日の…

映画「蝉しぐれ」と作家・藤沢周平

民放BSで放送された2005年の映画「蝉しぐれ」を録画して観終えた。 「蝉しぐれ」は云うまでもなく作家・藤沢周平さんの原作で、映画の冒頭 「藤沢周平氏に捧ぐ」との字幕が流れた。「たそがれ清兵衛」など藤沢作品を多く撮った山田洋次監督の弟子とも云…

「絵で見る十字軍物語」

60年代から70年代頃にかけて日本中にフォークソングが響き、フォークソンググループが沢山活躍していた。 その一つ「ザ・フォーク・クルセダーズ」があり大ヒットした「帰ってきたヨッパライ」「イムジン河」「悲しくてやりきれない」などの曲に記憶があ…

「坂の上の雲」と連合艦隊解散の辞

先日、長崎県対馬の万関瀬戸のことをこのブログに書いたが、関連した日露戦争の日本海海戦を見直そうと思い司馬遼太郎さんの大作「坂の上の雲」を書棚から引っ張り出し、海戦に関わる第5巻、6巻を読み始めると止まらずつい最後まで読んでしまった。 この本…

対馬・万関瀬戸(まんぜきせと)と日本海海戦

長崎県対馬(つしま)在住でブログを運営されている方から、対馬の見どころのひとつとして島を上島と下島に分かつ万関地峡(まんぜきちきょう)とそれをまたぐ万関橋を写真付きで教えられた。実はこの万関という名前にはかすかな古い記憶があり、もう少し教えを…

「室町は今日もハードボイルド」

清水克行著「室町は今日もハードボイルドーー日本中世のアナーキーな世界」新潮社刊 を読み終えた。 表紙の絵も人目を引くような強烈なインパクトで、オマケにこの本のキャッチコピーは以下の通り好奇心をあおる内容で、とても学術的な本とは思えない。『「…

俵 万智さん「オレがマリオ」

俵 万智さんと云えば「サラダ記念日」 【「この味がいいね」と君が言ったから 七月 六日はサラダ記念日】昭和の終わり近い1987年突然世に出た俵万智さんの歌集「サラダ記念日」は世の中に大きな反響を巻き起こし現代短歌、口語短歌に出逢うきっかけを与…

二刀流アレコレ

去年は大リーグの大谷翔平選手の2刀流が日本中を席巻し、コロナウイルスなどで沈滞気味な空気を振り払ってくれたような気がして今年の活躍も大いに期待される。2刀流の形にも色々有り大谷選手のようなスポーツのなかでの2役、スポーツと他のこと、ラグビ…

「伊藤博文 ・知の政治家」

伊藤博文公は私の郷里山口県出身の大政治家である。 これまで私が郷里の大先輩として伊藤博文に持っていたイメージや知識は概ね次のようなものであった。・元々百姓出身であったが父親の関係で武士の末席である仲間(ちゅうげん)身分からスタートする。 ・吉…