中断中の独り言・三木城址へ行ってきた

今日は寒風のなか、播磨に住むからには一度は行かなければと思っていた兵庫県三木市にある三木城址に行ってきた。

兵庫県に来て二年近くになり、海沿いの辺りには少しずつ慣れて来たような気がするが北の山手は全く土地勘がなく、車は遠慮して電車を利用した。

やはり電車では大きく回り道になるようで、シャトルバスで市営地下鉄の学園都市に出て、湊川経由で神戸電鉄を利用して片道約1時間半かかってしまった。

湊川は初めて通過したが、南北朝時代南朝方の楠木正成足利尊氏に敗死した地で、子供の頃から「湊川合戦」の記憶があり、駅名アナウンスに何か旧知の響きがある。

三木城の名前が歴史に深く刻まれたのは云うまでもなく戦国時代末期の「三木の干殺し」といわれた凄まじい籠城戦であり、播磨国ひいては兵庫県では連綿と語り継がれている。

私も2023年2月10日『「別所一族の興亡」・播州三木城の戦い』の記事など既に何度かこのブログで触れており、今回は見学と写真撮影が目的であり歴史経過は重複するので最小限にしておく。

東播磨の旗頭で守護的な位置付けであった別所氏が当主・長治のもと、武士、領民を含めて一年十ヶ月にわたって立て籠ったといわれることが、自分の足で城址の周囲を歩いてみて規模や構えを実感し良く理解出来た。

本丸跡

本丸跡に建つ別所長治の騎馬像

本丸跡に建つ別所長治の辞世碑(享年は諸説あるが少なくとも20代)

「今はただ 恨みもあらじ 諸人の 命にかはる 我が身とおもへば」

妻子も含む一族の自害の代わりに城に籠った将兵や領民の助命を願い、秀吉に聞き届けられた際の心情が溢れる。この潔さに依って播州一円に三木籠城戦が語り継がれることになる。

本丸跡から見る三木市街、手前は堀の役目も果たす美囊(みのう)川、この川は加古川を経て播磨灘へ注ぐが、籠城戦の初期、西の毛利家から支援のために加古川を遡って物資を搬入したという史実が実感として迫ってくる。

本丸跡から約300mくらい離れた二の丸跡、右手に三木市立歴史資料館がある。

二の丸側から本丸方向を見る

別所長治が自害する際に住職に後を託したとされる雲龍寺、本丸跡から約500mくらい離れているが、ここも城の構えの内にあった。

雲龍寺内の別所長治夫妻の首塚山茶花の赤が美しい。

🔘今日の一句

 

強東風(つよごち)が鬨の声して三木城址

 

 

中断中のひとりごと・2月句会

今日は住んでる施設の2月の定例の句会で、メンバー14人全員と、入会検討の見学者を加えて計15人の参加、私は直近に詠んだ以下の五句を出した。

①悴んでパスワード打つ二度三度

②着ぶくれて南京町を歩き食ひ

③大根の青首映えて時機を告げ

④寒あやめ風と歩いて出逢ひけり

⑤風花が丹波越え来て掌に

結果は④の句を3人の方が、③の句を2人、⑤の句を1人、並選に入れて頂いた。

①は今月の兼題「悴(かじか)む」に合わせたもので、いつも「歩き」の時持参して写真を撮るのに使うスマホは、パスワードでロック解除するようにしているが、寒いなか小鳥を撮影する際などの慌てて操作する様を詠んだ。

②は先日娘が訪ねて来て家内と一緒に「ルミナリエ」見物に行った際の神戸南京町の様子を聞いて詠んだ。

③最近の大根は青首の種が多いが、以前自分が栽培していた時の思い出と、施設園芸サークルの大根を重ねて詠んだ。

④は強い寒風の日の午後(朝はいつも公園を歩く)、施設の庭を歩いていてふと立ち止まった視線の先の草むらに、小さな花が私を待っていたように咲いていたのを詠んだ。

写真を撮って画像検索して「寒咲あやめ(寒あやめ)」だということが初めて分かった。

⑤晴れた寒い日、施設の建屋から出ると粉雪が北風に乗ってやってきたのだが、何か播磨の北の丹波国からわざわざ私に会いにやって来たような気がして詠んだ。

🔘施設内に掲示して貰う3句は④、③、⑤とした。

🔘私が最もいいね!と思った句は

悴みし心のすみの光る朝

色々な想像が拡がっていくような気がした。

🔘句作を始めて一年半を経過したが自己診断で言うと壁にぶち当たったままで足踏みしている。どうも写実と心の描写が上手く噛み合っていないような気がする、何とか手掛かりを見つけて壁を乗り越えたいものだ。

🔘来月の兼題は「海苔」とのこと。

「太平記の世界・列島の内乱史」応永の乱/ブログ中断のお知らせ

佐藤和彦著「太平記の世界・列島の内乱史」吉川弘文館刊を読み終えた。

この本は14世紀の30年代から鎌倉幕府の終焉と共に約60年間にわたって日本列島を広範囲に戦乱に巻き込んだ南北朝時代を、室町時代に成立した軍記・太平記を共通の手がかりにして描こうとしたものである。

その描く術としてこの時代に活躍した人物、後醍醐天皇足利尊氏楠木正成夢窓疎石(むそうそせき)、佐々木道誉(ささきどうよ)、足利義満(あしかがよしみつ)の6人に焦点を当て時代を浮かびあがらせようとしている。

それぞれの章が独立している為に、どうしても社会情勢や戦いの様相などの記述が重複してしまう欠点が生じてしまうが、同じ事象を違った立場でみることが出来るという利点もある。

ここでは全体を振り返ることはせず、私の最も興味のある山口県郷土史の観点から、この本の中で「応永(おうえい)の乱」として足利義満の章でとりあげられている、大内氏の反乱事件について書いておきたい。

南北朝の対立動乱は時間経過と共に、北朝とこれを支える室町(足利)幕府の優位が揺るぎないものとなり、三代将軍・足利義満の時代、明徳3年(1392)南朝から北朝へ神器が渡され南北朝合一が果たされた。

この和議の仲介役となったのは当時将軍家を支え、山口を地盤に周防、長門、石見、豊前に加え、和泉、紀伊、6ヵ国の守護まで兼ねるようになっていた大内氏第25代・義弘であった。

これ以後、足利義満は将軍権力強化を図るため有力守護大名の弱体化を進め、細川氏土岐氏、山名氏の内部分裂を画策実行し、次に狙ったのが大内氏であった。

義満が金閣寺で有名な北山第(きたやまだい)を造営する際、諸大名へ合力を命じたものの義弘は「武士は弓矢で奉公」といって人数を出さなかったことや、大内氏の大陸貿易を義満が快く思っていなかったことなどから両者の不仲は決定的になった。

義満から上洛を促された義弘は応永6年(1399)反幕府勢力と連携をとりながら、守護として和泉国堺に軍勢を率いて入った。

義弘が上洛を拒み続けた為、義満は大軍を催し堺を攻撃、遂に義弘は戦死する。大内氏は和泉、紀伊、石見、豊前国守護を取り上げられ本拠地周防長門のみが残され内戦の後、義弘の弟・盛見(もりあきら)が大内氏第26代を継承する。

盛見はその後安芸、石見、豊前筑前まで勢力を拡げて幕府に実力を認めさせ、大内氏が再び勢力を盛り返し戦国時代を迎えることになる。

🔘いつもブログを読んで頂き有り難うございます。当面、少し時間をかけねばならないことがありブログを中断します。また一区切りついたら再開するつもりです。その折には是非宜しくお願いします。

🔘今日の一句

 

マスクしたスマホの海で書を読まん

 

🔘施設介護棟の屋上庭園、寒さに耐えるキンセンカ

「値上げもう謝らない」

物価と賃金が上がらない約30年を経て外からのエネルギー価格の上昇や、内なる人手不足、金融緩和などの影響からか、ようやく値上げや賃上げが受け入れらていくような兆しが素人目にも感じられる。

現在の物価上昇は食料品の上昇が牽引していることはデータが示しているが、

その食品大手・味の素の藤江社長が日経新聞のインタビューで「値上げもう謝らない」という刺激的な見出しのもと企業が値上げを謝らなくて済む社会の実現が、デフレからの脱却、企業や国の成長に必要だと述べている。

確かに今まで各企業が値上げをする場合経営トップが「申し訳ないがこういう理由で値上げをさせて貰う」と頭を下げる場面を色々と見てきた気がする。

値上げで困る人や会社がいる以上当然の事として社会が受け止めて来た気がするが、正当な理由で自ら判断して値上げし、従業員や社会に還元することは本来経済を好循環させる為に必要な事だと思われる。

確かにそれによって困った人が出た場合はセーフティーネットで救済することが前提であるが、正当な値上げも出来ず我慢するより、必要な値上げによる競争原理が働くことが社会のより良い姿や成長へと導くことにつながる。

近年日本に於いては、売る側と買う側との立場が対等でなく、行き過ぎた「お客様は神様」という概念が浸透し、買う側があたかも大きく優越しているような感覚になっていた気がする。

現役時代、海外で幾つものカルチャーショックを受けて来たがその内の一つが、「売り手と買い手はあくまで対等である」という意識が日本より格段に浸透していると感じられることであった。

日本が買う側優位の意識になった背景は、技術を磨いて顧客満足度を挙げるという意識が強いこと、同じ商品を扱う企業が多く競争が激しかったこと、等々あると思われるが根底には、勤勉で相手に気を遣うといった国民性が作用したところがあるのかもしれない。

最近言われているカスタマーハラスメントという言葉も、売り手と買い手が対等であるという考え方が少しずつ浸透すると自然に減って行くような気がする。

確かに自分たちが作ったものに自信があるなら、コストに適正な利潤を乗せて世間に問うことが成長につながる経済の原則であり、謝るとかの問題では無いのだろう。

🔘今日の一句

 

裸木の羞じらふ傍に常緑樹

 

🔘施設介護棟の屋上庭園、ハマナスのような気がするが自信がない。

 

 

「北京の歴史」③エピソード②

1月13日の続き、「北京の歴史」に書かれているエピソードの内の残りの2項目。

③盧溝橋(ろこうきょう)

盧溝橋は北京の西南郊外の永定河(えいていが)にかかる橋で11基のアーチ型孔洞をもつ橋脚で支えている有名な橋である。

永定河の旧名が盧溝河でありこの名が付いたらしい。

橋は北方民族の女真(じょしん)が建てた「金」の時代、1192年に完成しその基本型を800年以上経った現在も維持している。その要因のひとつが橋脚部分の上流側が尖塔形で下流側側方形の船形になっていることにあり激流や流氷の衝撃を減らす工夫がされている。

余談だが私の郷里山口県で最も有名な橋・錦帯橋も橋脚部分に同様の形状の工夫がなされている。

橋の建設から百年余り後モンゴル族「元」の時代に訪れたイタリア人・マルコ・ポーロは「東方見聞録」の中でこの橋の見事さを西洋世界に紹介しこのことから西洋では「Marco Polo Bridge」として知られる。

またこの橋のたもとで昭和12年(1937)謎の一発の銃声に端を発した日中両軍の衝突「盧溝橋事件」が勃発、事態はエスカレートして日中戦争に発展、一発の銃声が日本の運命を大きく変えることになる。

毛沢東肖像画

最近中国に関連するニュースの際、最も良く見る映像といえば北京の天安門広場から見上げる毛沢東肖像画かもしれない。私も現役時代中国に駐在していた折り、広場から巨大な毛沢東を眺めその功罪両面を思い返したことがある

1986年以前は複数の肖像画が掲げられていたが、以後広場には毛沢東の肖像のみを掲げる方針が示されている。

乾燥した土地特有の強い陽光や自然環境による劣化のため毎年10月1日の国慶節(建国記念日)前に新しくされるとのことで、これを描き続ける芸術家たちの存在がある。

清朝では「時」を支配する皇帝が暦を頒布するのが旧暦の10月1日であり、肖像画の更新と時を同じくしていると「北京の歴史」の著者は書いている。

 

🔘今日の一句

 

凩(こがらし)に負けず歩めと松巨木

 

🔘施設介護棟屋上庭園のパンジー

 

映画「小説家を見つけたら」

NHKBSで放送された2000年のアメリカ映画「小説家を見つけたら」原題「finding forrester」を録画、長らく放置していたが時間を見つけようやく観終わった。

放置していたのが後悔されるような、記憶に残る、また観終えて余韻の残る私にとって良い映画であった。

原題「finding forrester」にあるフォレスターが主人公のひとり初老の小説家で、これを今は亡きショーン・コネリーが演じている。

もうひとりの主役が16歳の黒人青年ジャマールでロブ・ブラウンという俳優が演じているのだが、私はこの映画で初めて出会った気がする。

ネタバレにならない範囲で簡単に済ませると、ニュヨークの黒人街で生活しているバスケットボールと基礎学力に秀でたジャーマールは、あるきっかけで隠遁生活をおくるピュリツアー賞作家のフォレスターと知り合う。

ジャマールの文才を知ったフォレスターは友達として支援し、名門高校にバスケットボール特待生として進学したジャマールが、文学教室で遭遇した窮地を救う。

ジャマールとフォレスターは共に新たな出発を迎えるが、その数年後のある日フォレスターが新たな小説の原稿を残し癌で死亡した知らせがジャマールにもたらされる。

観ている途中で内容といい映像といい、「グッド・ウイル・ハンティング/旅立ち」に映像が似ているなと思い始め、フォレスターの死を知らせる弁護士でマット・デイモンが出てきて確信したが、この映画も同じ監督のガス・ヴァン・サントであった。

やはり米国では才能のあるまた努力をする若者を大人がサポートして成功に導くようなストーリー・アメリカンドリームが好まれるのだと思うと同時に、こういうことが幾らかでも現実的に機能し、国の活力になっているのだと思わされた。

余談だがショーン・コネリーは2020年に90歳で亡くなっていて、逆算してみるとこのとき70歳だが007ジェーム・スボンドよりむしろこの頃の方がカッコいい気がする。

🔘今日の一句

 

御陣乗(ごじんじょ)の太鼓よ響け能登冬野

 

🔘施設介護棟の屋上庭園、ネメシアの仲間たち、

 

「退いて後の見事な人生」新井白石(あらいはくせき)

童門冬二(どうもんふゆじ)著「退いて後の見事な人生」祥伝社刊 を読み終えた。著者は東京都庁に勤めた後歴史作家に転身した人物で、TVの歴史番組などのコメンテーターとして見かけることがある。

著者は、自分も含めた現代の「隠居力」を起承転結ではなく起承転転と表現しその意味を、退いて後も現役時と変わらず探究心を失わない気概に求め、日本史の中からこのような生き方を実行した人物・八人を紹介している。

八人は新井白石黒田如水(くろだじょすい)、徳川斉昭(とくがわなりあき)、古田織部(ふるたおりべ)、松平宗衍(まつだいらむねのぶ)、松居遊見(まついゆうけん)、伊能忠敬(いのうただたか)、鴨長明(かものちょうめい)である。

ここでは最も興味を覚えた新井白石(あらいはくせき)について少し書いておきたいが、この本を読むまでは名前と一部の業績を知るのみであったが、読んだお蔭で人物の輪郭が私にもかなり理解出来てきた気がする。

簡単にそのプロフィールを紹介すると、

・上総(かずさ・千葉県)生まれの江戸時代の儒学者

甲府藩主・徳川綱豊に仕え、綱豊が六代将軍・家宣(いえのぶ)になるとそのまま幕臣となり家宣及び七代・家継の最高ブレーンとして幕政改革を進めた。

・この時期の改革は年号をとって「正徳の治」と呼ばれ、武家諸法度改正、朝鮮通信使の対応改革、長崎貿易の改革、通貨改鋳の見直し、外国情勢の把握と周知などがある。

・改革が急進的であったこともあり、家継が亡くなり跡を継いだ八代・吉宗から罷免され家や書籍を取り上げられるなど全てを失う取り扱いを受けた。

・隠居後に現在まで極めて評価が高い「折りたく柴の記」を書き著す。

著者はこの「折りたく柴の記」が、白石自身の家のことを振り返る自叙伝でありながら、実は参与した「正徳の治」の内容に細かく触れ、徳川政治史の一端を告げると共に、自身の辿った道を改めて検証する書になっていることを大いに評価している。

特にその内容が客観性に満ち自己陶酔が少なく、現役時代の正確な検証が出来ており、その「隠居力」を大いに認めており、この本の冒頭に新井白石を置いたようである。

著者は「折りたく柴の記」というタイトルは、「承久の乱」を引き起こしたとして鎌倉幕府隠岐に流された後鳥羽法皇の歌から採られたと書いている。

  思いいづるをりたく柴の夕けぶり   むせぶもうれし    わすれがたみに

個人的見解ながら(折り焚くという)このタイトルに法皇の歌を重ねてみると白石の微妙な感情が読み取れるような気がしている。

「正徳の治」のひとつ、朝鮮通信使の対応改革は以前、日経新聞に連載された作家・辻原登さんの小説「韃靼(だったん)の馬」で取り上げられており当時面白く読ませてもらい新井白石の名前も記憶に残っている。

🔘施設介護棟屋上庭園の、キンギョソウ(金魚草)