ふるさと厚狭の教育事始め①/炎天下の辛抱ゴルフ

よく知られているように藩政時代の教育は武士階級を中心にして実行された。
多くの藩で藩校が設立され藩士の子弟が教育を受けたが、長州萩藩でも藩校明倫館がその役目を負った。

これにならい長州藩内では、一門や大身の藩士の中にも学館を設ける動きがあり一門家・厚狭毛利でも八代毛利就宣は享和3年(1803)「朝陽館」を設立し領内から儒者市川玄翠を招聘して基礎を築かせた。
その後活動は衰えたが、幕末を迎え十代元美の時代弘化二年(1845)になって「朝陽館」が再興された。

遺された絵図から見てみると、郡(こおり)村の厚狭毛利家居館の道を隔てた筋向かいに講堂、文庫、寄宿舎があり更には時代を映すように演武館として撃剣場が設けられている。

再興初代の学頭には江戸で佐藤一斎、大田錦城、宇田川玄真に儒学、医学を学んだ市川玄伯が迎えられた。
塾生は領内家臣子弟や、学頭の名を慕い九州、四国等からも来館したと言われ、年齢や学力によって等級を分けていた。

運営は厚狭毛利家の学校奉行・学校目付によって行われたが、版籍奉還が行われた明治二年(1869)をもって閉鎖された。

「朝陽館」のような一門や重臣が作った学館は一般に郷校と呼ばれるが、長州藩内には20校あり、山口県教育委員会の資料に依れば全国で108校中圧倒的に第1番の数である。


◎昨日は炎天下、「物好き」としか思えないゴルファーが集ってホームコースでゴルフに参加。70代3名と50代1名。

前半戦は体にも余裕があったが、午後は途中から本当に我慢と辛抱の会でポカリスエットを大量に飲んで耐えに耐えたものの最終ホールで踏ん張りが全く効かずに大叩き、スコアは前半の貯金が効いて43、45、トータル88で何とか目標は達成したものの力を出し切った気がする。

もう少し体力を何とかしないとと思いつつ、冷たいシャワーを浴びて生き返ったが、いつもの歩きの距離を少し増やしただけでは解決しそうにない、さてどうしたものか?

近くの公園、カンナの花
f:id:kfujiiasa:20200809073325j:plain

「旅人よ どの街で死ぬか」

作家の伊集院静さんは、作詞家、CM作家でもあり、ギャンブルの道でも阿佐田哲也さんと深い親交がありこの事を「いねむり先生」と言う小説に書いている。

女優の夏目雅子さんと結婚して病気で亡くし、その後時間をおいて同じ女優の篠ひろ子さんと結婚している。何れも好感度高い女優だった気がする。
これらの事を含め伊集院静さんは私にとって不思議な人としか言いようがない。

同郷の山口県防府の出身でゴルフの趣味が同じ、BSの番組でヨーロッパやアメリカの有名ゴルフ場を訪ねてプレーされる番組を2度観たが、さすがのプレーでとても感心した。
またプレーの前日もホテルにこもり、夜遅くまで執筆されているのが印象的だった。

その伊集院さんがヨーロッパ各地や上海を訪ねて人生や出逢い、芸術、酒、ギャンブル、旅等について語る本「旅人よ どの街で死ぬか、」集英社刊 を読み終えた。
f:id:kfujiiasa:20200807102532j:plain

なかなかこの本の中身をについて語ることは難しい気がするが、気になった文章をピックアップしてそれに代えておきたいと思う。

①弧であることは大人の男にとって大切なものである。
他人と連(つ)るむより、弧である時間のなかに潜むもののほうが価値がある。

②私がその少女に逢ったのは冬のパリだった。
出逢いから別離まで時間は瞬きをするがごときだった。彼女も少女から娘へ成長するときであったし、私自身も若かったせいもあるがともかく時間は瞬時に過ぎていた。
ーーーこれはどうも夏目雅子さんの事らしい。

③今でも私は旅に出かけると空を見上げて雲を眺める。
私はもう老人より高齢になった。私の背中を見る人はいない。
ただ私の見上げた空の雲間に、老人の姿があるだけである。
旅が好きな人だった。
ーーーこの老人は阿佐田哲也さんの事と思える。

この暑いなか、柿がもう実を付けている。
f:id:kfujiiasa:20200807074706j:plain
f:id:kfujiiasa:20200807074754j:plain

一杯のコーヒーから

何時もの「歩き」の目的地になっているコメダ珈琲店で読んだ「週刊新潮」には作家五木寛之さんが「生き抜くヒント」の名でエッセイを連載されており最新号は「一杯のコーヒーから」と題して以下のようなことが綴られている。

「いったい、いつ頃からコーヒーを飲むようになったのだろうか~~~昭和27年(1952)に九州から上京してはじめて喫茶店でコーヒーを飲んだ、その日の暮らしにもこと欠くアルバイト学生だったから店に入るのにも勇気がいった。~
その日から今までずっとコーヒーを飲んできた。~~多分死ぬまでコーヒーとは縁が切れないに違いない。~~」
続いて世界で味わったコーヒー談義や喫茶店談義なども書かれているのだが、、、、、

これを読んで私も、いったい、いつ頃コーヒーを初めて飲んだのか思い巡らせてみたが、
一番はじめは小学高学年の時、同級生の家に行った際に出されたのを飲んだような記憶がある。お菓子と一緒で、味は全く覚えていない。
茶店は高校生の時が初めてで、よくこんな苦いものをお金を出して飲んでるなと思った記憶が鮮明にある。

その後インスタントコーヒーが一般的になったが、ゴールドブレンドと言う少しまろやかな味わいのものが普及し始めたのは多分30代頃だったのだろうか?
その頃には大阪の喫茶店で飲むコーヒーを美味しく感じるようになっていた。

タイに赴任してビックリは、出されるコーヒーが豆の濃い煮汁のようなものでこれはホテルでも同様だった。
帰任する頃になるとゴルフ場等では缶コーヒーが冷やしてあったが甘すぎて此にも閉口した。
帰任後暫く経って、出張でタイに再び行くとスターバックス等も出店しており時の流れを実感したものである。

上海赴任の時もコーヒーには難儀した。
やはりお茶主体の国で繁華街に出ても普通のコーヒーが飲めるような処がなく、たまに外国人向けの店があっても高くて不味いのが当たり前だった。

タイでも上海でもこの状況を助けてくれたのは、現地の日本人向け食品店で調達したり、一時帰国の折りに持ち込むインスタントコーヒーだった。
上海では仕事の合間にこれを飲んでいると、周りの中国人から健康の為お茶を飲むように何度も忠告されたが、私は何時も笑ってスルーしていたものである。

今の私は通常、午前中歩いて喫茶店に行き一回、午後は2時から3時のあいだに家でドリップコーヒーを一回、1日2回のコーヒータイムを必ず活字を友にしながら、過ごしている。
これ程リラックス出来る時間は他に無い。

今日使う予定のドリップコーヒー
f:id:kfujiiasa:20200805110745j:plain
五木寛之さんと同じく、死ぬまでコーヒーとの縁が途切れずに続くと良いのだが。

近所の植木に咲いてる花、これは何の木?
f:id:kfujiiasa:20200804091212j:plain
f:id:kfujiiasa:20200804091255j:plain

孫の運転免許取得と雑感

我が家に下宿中の孫が、運転免許証を手に入れたと言いに来た。
教習所が、コロナ騒ぎの緊急事態宣言で一旦閉鎖になったあおりで予定よりも大分遅れたが、何とか大学2回生のあいだに終えることが出来て一安心。

私の世代であれば、あの車がカッコいいとか、あの車に乗ってみたいとかに直結したものだが、どうも話を聞くと友達も含めて車に執着する様子が無いようで、あくまでも就職準備活動の一環のように見え、自動車業界にとって若い人の車離れは深刻な事に違いない。

一方で自動車は日本の基幹産業であり、大変革の真っ只中にある。
CASEと呼ばれる4つの波が既に実現に向けて着実にスピードを上げている。
C:connected 通信機能との接続
A:autonomous 自動運転
S:shard & service 共有サービス
E:electric 電動化

私の今乗っている車も、S以外は以前乗っていたものに比べると各々格段に進歩しており、最終目標に向けて驚くほど速いスピードで技術革新が進んでいることを実感している。

一方孫たちの世代ではS、シェア共有化はどうも当たり前の意識のようでこちらもどんどん需要側、ユーザー側からの進化が想定される。

日本の自動車産業は今後も、更に大きく変わらざるを得ないと思われるが、家電産業などの轍を踏む事無く、世界のリーダーであり続けて欲しい。

またすぐそこまで来ている自動運転や、私がひそかに待っている近い将来の「空飛ぶ車」の時代に、運転免許証はどうなっていくのだろうか?
「免許証の返納が必要な人間が、余計な事を考えるな!」と言われそうな気もするが。

歩きの途中、近所で栽培されている華やかな花
f:id:kfujiiasa:20200805084918j:plain

アラビアのロレンス

NHKBS TVで映画「アラビアのロレンス」を録画して観た。
この映画を観るのは劇場とTVで併せると4~5回になるかもしれない。
観る度に砂漠の映像が美しさと、厳しさの両面から迫ってくる3時間45分の超大作である。

兎に角スタッフや出演者に、すごいメンバーが並ぶ。
監督がデビット・リーン、「戦場にかける橋」も良かった。 音楽がモーリス・ジャール、この音楽が全ての場面にマッチして素晴らしい。     

配役が ロレンス:ピーター・オトウール、ファイサル王子:アレック・ギネス、族長アリ:オマーシャリフ、族長アウダ:アンソニー・クイン、アレンビー将軍:ジャック・ホーキンス等々

第一次世界大戦時、アラブ世界はオスマントルコが支配しておりドイツと同盟し英仏と敵対していた。
アラブの一部ファイサル王子や砂漠の民ベドウィンがトルコに対して反乱に立ち上がるが、敵の敵は味方の論理で英国が反乱軍を支援する。

英国情報将校のロレンスは独自の戦略でアラブの反乱軍を率いてトルコに挑み、戦略上の要衝アカバを攻略、更に鉄道を破壊するなどゲリラ戦を展開し、遂にダマスカス入城を果たす。

然しアラブはダマスカスの民族会議で、部族対立によって纏まることが出来ず、結果的に英仏の取引に利用され(サイクス・ピコ協定)ロレンスはアラブを去ることになる。

ロレンスは大戦後「知恵の七柱」という題でこの戦いの体験記を書き、映画の脚本を書いたロバート・ボルトはこの本を下敷きにした。
「知恵の七柱」は平凡社から出版され私の書棚にも、もう30年来納まっている。
f:id:kfujiiasa:20200803161357j:plain

今のアラブ世界や中近東はその殆んど全てに第一次大戦後の結果が生きており、ロレンスが理想としたアラブの統一とは程遠い、宗教的な対立、大国の思惑、部族民族対立等々が続く。

この映画が出来たのが1962年とのことだが初めて観た日は思い出せないものの、個人的に言うとこれ程世界情勢について勉強になった映画は他にない。

然しその物語とは別の次元で、この映画の価値の一番は砂漠の映像にあるのではないかとも思う。

「歩き」の途中、近くの民家に咲いている花
f:id:kfujiiasa:20200804075011j:plain

左衛門尉(さえもんのじょう)あれこれ

中学校の同級生からの頼まれ事で、家に伝わる系図の写しの内、遠い先祖の書かれてある来歴を読んで欲しいとの事であった。

読んでみると、このご先祖は歴代中国地方の大々名・大内家の家臣とのことで、陶晴賢が主君大内義隆に謀反を起こして殺害した後、毛利元就と安芸宮島で厳島合戦に及んだ折りに、陶方で従軍、負け戦で敗走した後、やむを得ず土着したとのことであった。

この先祖の名前が ○○左衛門尉○○と記されている。

左衛門尉(さえもんのじょう)は律令制の官職で、皇居諸門の警備や天皇行幸の際の供奉警護を担当する、左右の衛門府(えもんふ)の3番目の位に当たり、位階は通常従六位から正七位。

No1が督(かみ)、No2が佐(すけ)、No3が尉(じょう)で判官ともいう。従って左衛門府の場合は、左衛門督、左衛門佐、左衛門尉の順番である。

有名人では六文銭の旗印・真田幸村が真田左衛門佐信繁、江戸町奉行遠山の金さん・遠山左衛門尉景元と言った具合でTVでも馴染みの呼び名になっている。

問題は大内氏の一家臣になぜこのような官職名が付けられていたかだが、2種類の答えが考えられる。
①正式に朝廷から授けられた。
この場合の鍵は、大内家の家臣であったことで、当時の大内氏は中国・明との勘合貿易で莫大な富を蓄え朝廷や幕府と密接な関係を築き、その富で朝廷にも多大な献金を行っている。
その見返りに当時の当主義隆は従二位兵部卿という地方大名では考えられない官位まで昇っており、家臣を含めて献金の威力で大盤振る舞いをして貰った可能性もある。

②勝手に名乗って(私称)いる。
朝廷の武官名である近衛府兵衛府衛門府、等の官職は特に武家に人気で、通常幕府が機能している場合は、幕府を通じて任官される。
然し朝廷や幕府の権威が衰えた室町時代以降は、戦国大名が勝手に褒美の土地の代わりとして家臣に名乗りを許したり、甚だしい場合は自称したり先祖を美化したりするケースが多々あった。

今回のケースが①②何れに当たるか、今となっては分からないが、何れの場合でも先祖に思いを馳せることは次世代に繋がることであり、お盆に近い今の時期が、良い機会かもしれない。

近くの小学校、ネットフェンスの下から覗く花②
f:id:kfujiiasa:20200730085428j:plain]

JAモニター活動が機関誌に掲載された

私は山口県の農家生まれなので「農協」と聞くと、毎年の米の供出(戦後も統制時代の名残で米を売ることをこの様に呼んでいた)や農業用資材の購入などあらゆる事でお世話になり、この響きがとても懐かしい。

農協は「家の光」という農家向けの雑誌も出しており、もちろん大人向けだが、活字が好きだった子供の私は勝手に出して寝転がって読んでいた記憶が甦ってくる。
今、かつての農協はJAという呼び方に変わり、日本の農業の変化に併せて大きな変革のプレッシャーが掛かりつつある。

私はJAのなかで営農者で構成される正組合員ではなく、その他事業などでお世話になる准組合員なのだが、この日記内でも書かせて貰った様に、地域のJA支店に依頼され、やむを得ず1年間准組合員モニターで以下の様な事をやらせて貰った、
・野菜果物の収穫体験
・営農施設見学
・事業への意見、提案

その内容が掲載されたJAの機関誌「はぐくみ」最新号が送られてきて写真の中に2ヶ所私自身が写り込んでいた。

f:id:kfujiiasa:20200729160519j:plain
f:id:kfujiiasa:20200729155832j:plain

当初はあまり乗り気でなかったこのモニターだったが、子供の頃の農家の生活が甦って来たり、リタイア後取り組んでいる少しの野菜作りにも役立ち、とても良い経験をさせて貰った。

このモニターに参加するため事前に「都市近郊農業」について自習させて貰い、食糧自給、景観の保持、治水保水性向上などへの貢献を再認識したが、改めてその経営面の難しさも感じることになった。

高齢になっても新しいことをすると、何かしら得るものがあると実感している。

今朝の夏野菜収穫、ピークは過ぎた?
f:id:kfujiiasa:20200802081836j:plain