厚狭毛利家代官所日記⑫嘉永4年(1851)③藩米船の事故①

厚狭毛利家給領地内の民政に関わる日記、藩米運搬船の大坂での難船事故に関連した記述を現代文で表す。
尚、この事のまえがきとして昨日9月15日のこのブログに背景を書いている。

嘉永4年10月6日、7日
下津の佐市郎の事、この夏御米を積み大坂登りの節、悪しき事があったが、当節三田尻(みたじり・現在防府市域で藩の重要な港があった)に於いて召し捕らわれ萩(毛利藩の城下)へ引かれて行ったとの風評があり、父親へ尋ねたところ次の通り申し出た。

・申し上げ事項(厚狭毛利家代官所算用方への報告)
過ぎた6月に大坂へ御運送米を積んで登り掛、難船した一件について(佐市郎は)相済ませて帰って来ました。
然し8月末私がよそへ行って留守の節に、佐市郎は下関へ行くと家内に行って出掛けました。

大坂へ行っていないかと案じていたところ9月30日三田尻の飛脚を以て、大坂での次第を半紙15枚くらいに行きがかりを書いて送って来ました。

私も見ましたが文面も甚だ分からないので、人を一人萩に送ったところ「たまり」に入れられていることが分かりました。
この他のことは分からずご迷惑をお掛けしている事大変恐れ入りますと共にお届け申し上げます。
10月5日 杉山弥兵衛(佐市郎の父親)

☆「たまり」とは江戸時代に奉行所等に出頭した者を留めおいた場所で、牢屋程では無いものの劣悪な条件下にあった。

11月6日
船頭・弥兵衛の世倅(よせがれ・長男)佐市郎は公儀(萩藩)より召し捕られたので次男・友吉を他出差し止め処分にしておいたところ以下の願い出があった。

・御願い申し上げる事(厚狭毛利家代官所宛て)
私について先達てよりお聞き込み趣から、他出してはならないとの事恐れ入っております。
然し家内に多人数、その上船子の者数多く雇い入れており、多日に渡って船仕事が出来ない為渡世に差し障り難渋しております。
何卒格別のご配慮で三田尻までの船仕事を差し許して頂くよう偏に御願い申し上げます。
11月 友吉

前書の通りの願い出について三田尻への船仕事は許可する。他国行きについては差し止めのままとして沙汰する。

☆当時は罪を問われると家族にまで累が及ぶのが当然とされていたことが分かる。

事故の詳細が分かる藩の沙汰書については時系列と字数の関係で次回に書く事にします。

◎歩きの道端に咲いている野草
f:id:kfujiiasa:20210915103512j:plain
f:id:kfujiiasa:20210915103600j:plain
f:id:kfujiiasa:20210915103643j:plain

代官所日記のまえがき・藩の港 下津(しもず)

厚狭毛利家領内の下津は字の通り厚狭川下流の河口域にあり、古代は板垣の津とも呼ばれた古くからの港である。

瀬戸内海から梶浦(かじうら)、渡場(わたしば)を通過して下津まで船が入り、また江戸時代には厚狭川の上流・美祢四郎ヶ原(しろうがはら)から下津まで通船があった。

従って地域の物資集積、積み出し港として重要な役割を果たしており萩・毛利藩の港の位置付けで米蔵も備えており
大坂や萩へ年貢米(藩米)や物資の積み出しが行われていた。

萩毛利家が領内各地域の民情を報告させた「防長風土注進案」の下津の項には
「船持ち数軒あり、廻船より上荷働き(船から船への積み替え)するもの、水夫稼ぎあるいは沖仲仕(港での荷物の積み降ろし)をして渡世するものがいる。
廻船13艘、60石~90石積み2艘、270石積み1艘、河口上荷船(沖の大型船から荷物を積み降ろしする船)8艘、300石積み1艘、950石積み1艘」
となっている。
☆1石は約150Kg 従って950石積みは143トンの米や荷物が輸送できいわゆる千石船と考えられる。

藩にとって重要な港の為、吉田宰判代官が管轄する川口番所や見張り役人の為の長屋等もあり賑わっていたようである。

当時萩・毛利藩では年貢として徴収した藩米を、大坂中之島の堂島米市場(2020年7月16日のこのブログに記事を書いた)に程近い、豪商・淀屋常安由来の常安橋(じょうあんばし)たもとにあった毛利藩大坂蔵屋敷に運んで売りさばいていたようで、厚狭毛利家代官所日記に記されている下津から大坂への藩米運送時のトラブル案件について、このまえがき内容をベースに次回に書くことにします。

このトラブルに遭遇した船は積み荷の量から見ると上記「防長風土注進案」に記載の300石積み船ではないかと思われる。

今から約170年前に、厚狭・下津から出帆した船が瀬戸内海をはるばる航海し、大坂へ到着してトラブルに遭遇した古い記録を読んでみて、厚狭で生まれて現在大阪に住む私はいささかの感慨を覚えている。

◎これはハルジオン?ヒメジョオン?それともペラペラヨメナ?、図鑑を見ると似た種類が多い。
f:id:kfujiiasa:20210915093307j:plain
f:id:kfujiiasa:20210915093351j:plain
f:id:kfujiiasa:20210915093427j:plain

映像の世紀プレミアム・英雄たちの栄光と悲劇

1995年に始まったNHK映像の世紀」はアメリカABCと共同製作による、20世紀を世界各国に保存されている映像をもとに色々な角度からひもとくドキュメンタリー番組で、私もテーマによって楽しませてもらってきた。

映像の世紀プレミアム」はテーマごとに新しい映像も加えながら再編集されたもので現在、順番に再放送されている。今回録画して観たのは「英雄たちの栄光と悲劇」と題するもので誰もが知る英雄たちの知られざる部分も含めたストーリーが当時のモノクロ映像と共に迫ってくる。

旧知の内容は別にして、私がこの番組で初めて知ることが出来た事実を書き残して措くことにした。

・チャールズ・リンドバーグ(翼よあれがパリの灯だ)
大西洋単独無着陸飛行に成功したリンドバークは後年ナチスドイツ・ヒットラーに傾倒し母国アメリカから裏切り者扱いされていた時代があった。

ロンメル将軍(砂漠の狐)
アフリカ戦線で自軍の兵力を過大に見せるため、戦車の認識番号を書き換えたり戦車走行時わざと砂煙を過大に上げさせたりした。

・南極探検家 英国・スコット、ノルウェーアムンゼン
南極点到達に遅れをとったスコットは南極で死を迎え、南極点到達に世界で一番乗りしたアムンゼンはその16年後北極で死を迎えた。2人の英雄は両極で眠る。

・プロレス 力道山
相撲を引退し、アメリカに渡ってプロレスを見学しTVとの結び付きが必須であることを学んだ。
その後帰国してプロレス団体を立ち上げそれを実践した。当時の最高視聴率64%!

チェ・ゲバラ
キューバ革命の同士カストロと旅行先のメキシコで出逢って語り合い互いに共感した。その直後キューバ反乱軍(革命軍)は10数人からスタートした。

ジョン・F・ケネディ
子供の頃からのひどい腰痛持ちだったが国民の前では決してその事を見せなかった。
キューバ危機の際、原爆の大量使用を含む先制攻撃論の米軍部の圧力を撥ね付けてソ連フルシチョフ首相と交渉、キューバへの武力進攻をしない約束で、キューバからのミサイル撤去を実現させ核戦争の危機から救った。

◎まだまだ世の中には知らないことが溢れている。
キューバ危機の際、ケネディ大統領の動きを見ると指導者によって結果的に戦争か平和の違いに繋がる事が良く分かる。
国の指導者を選択することの重要性を突き付けられた気がする。
逆に考えるとそこに暗殺される危険が内在するのだろう。

◎似た花が色々ありなかなか特定出来ません。ナツズイセン?、サフランモドキ?、それとも?
f:id:kfujiiasa:20210912140935j:plain
f:id:kfujiiasa:20210912141015j:plain
f:id:kfujiiasa:20210912141057j:plain

「ジジイの片づけ」と「司馬遼太郎記念館」

沢野ひとし著「ジジイの片づけ」集英社刊を読み終えた。
f:id:kfujiiasa:20210911161054j:plain

著者は1944年生まれのイラストレーター・エッセイストで、今まで中国のあちこちを旅したことのエッセイ「中国銀河鉄道の旅」なども読ませてもらったことがある。

私も著者より少しだけ若い同じ「ジジイ」だが、こと「片づけ」に関しては全く自信がなく、兎に角目的を果たした後は放ったらかしが基本で、いつも座ることが多い家内の2箇所は私の本や新聞、バッグ、資料、小物等が散乱し何か必要になると探し廻るのを基本にしている。

従って著者があらゆる片づけに猛進し本の「まえがき」で、
『モノの片づけは、心の片づけでもある。さっぱりと片づけて、もう一度夢多きあの頃に戻ってみよう。「ジジイの片づけ」は本人も周りの人も幸せにする』
といっているような心境にはとても成れそうにない。

片づけに関して当面の私の最大の課題は若い時からの蔵書をどう処分するかだが、ボチボチ考えねばならない。

この本の「家は生きている作品」という章で著者が作家や画家が生前暮らしていた邸宅が記念館として開放されているところを見て、その空間から人柄や創作現場の姿が垣間見られて興味深いとするくだりがある。

私はあまりこのような記念館に行ったことはないが、唯一訪れて感銘を受けたのが東大阪市にある「司馬遼太郎記念館」である。

司馬遼太郎さんのことは今さら云うまでもない歴史小説家・文明批評家だが中学生以来の読者であり一度は行かねばと思い5~6年前に訪れた。

生前ここで執筆されたという庭を見渡せる書斎なども公開され、その雰囲気は充分感じ取れたが、何より圧倒されたのが記念館の各壁面を埋め尽くす蔵書の量で6万冊の蔵書の内2万冊が展示されているとの事だった。

生前司馬さんが小説を書き始める前になると、そのテーマに関連した古書が東京神田の古書街から全て無くなると言われた話が決して噂だけでないことを実感した。

◎松葉ボタンと思われる
f:id:kfujiiasa:20210911161405j:plain
f:id:kfujiiasa:20210911161444j:plain

「オリエント急行殺人事件」

オリエント急行殺人事件」は云わずと知れた作家アガサ・クリスティの名探偵ポアロが活躍する推理小説だが残念ながら未だ読んだことがない。

然し推理小説の名作という世評は聞いており、NHKBSプレミアムシネマで放送された1974年の映画を録画しておいた。
先日、読者になっているブロガーさんの記事にこの映画のことが載っており、「観ていない方はレンタルショップで借りてもいいくらいの作品」とあったのでこれは放置しては勿体ないと思い早速観ることにした。

映画の中身に入る前に兎に角、最初の字幕に出てくる名前のリストがすごい!
俳優では確か14人が出てきたと思うが全員の名前に聞き覚えがありこんなことは滅多に無い。
ここでは私が過去に観た映画で今でも印象に残っている人達だけ書いておきたい。

シドニー・ルメット監督ーー「狼たちの午後
・マーチン・バルサムーー「トラ・トラ・トラ
イングリット・バーグマンーー「カサブランカ」「誰が為に鐘が鳴る」(絶頂期のバーグマンでないバーグマンがこの映画では印象的)
ショーン・コネリー ーー「007」「風とライオン
アンソニー・パーキンスーー「パリは燃えているか
・リチャード・ウイドマークーー「アラモ」「襲われた幌馬車」(悪役のウイドマークにこの映画で初めて出会った)

推理小説がベースの映画なので詳細なストーリーを書くのははばかられるが、ニューヨークで起こった幼児誘拐殺人事件を背景に5年後、イスタンブールからフランス・カレーに向かうオリエント急行列車のなかで殺人事件が起こり居合わせた探偵ポアロが犯人(達)と5年前の事件とのつながりを突き止めて行く。

私は原作を読んでいないのでこの結末に驚いたが、原作を読んでいる人がこの映画を見ると、どうなのだろうかと少し老婆心が兆したのは事実である。

内容自体は重苦しい雰囲気のストーリーなのだが、最後にハッピーエンドとなる展開が用意してあり、出演者が乾杯するシーンまであり原作の良さを多分に想像出来る。

◎歩きの途中見たこれはニラのように思うのだが?
f:id:kfujiiasa:20210911113259j:plain
f:id:kfujiiasa:20210911113653j:plain

瀬田ゴルフ・青葉の笛

9月3日のこのブログに、地域のゴルフコンペで滋賀県大津市瀬田のゴルフ場に行く予定が雨で中止になり、その関連で天智天皇の時代、志賀の都のことを書いた。

昨日、リベンジを兼ねて地域のゴルフ仲間4人で晴天を狙い、この瀬田のゴルフ場に出掛けてきた。
今朝は起きぬけから雨が降っていて朝の体操をしながら昨日で良かったとつくづく思った次第。

スコアーは44、47、トータル91、後半ショートホールでのトリプルボギーが悔やまれる。目標に2打未達。
ひとつ反省点が分かったので練習で試して見るつもり。

実は大津京・志賀の都については、先日このブログに書いた「琵琶湖周航の歌」とは別に間接的ながら忘れられない歌がある。

唱歌「青葉の笛」は母親が好きだった歌で、落日を迎えた平家のエピソードを詠ったものだが、その二番

♪︎♪︎更くる夜半(よわ)に 門(かど)を敲(たた)き
わが師に託せし 言の葉(ことのは)あわれ♪︎♪︎

この二番の歌詞は平家一門で和歌に堪能だった薩摩守平忠度(たいらのただのり)を詠った歌で、都を落ちる際に師である藤原俊成(ふじわらのとしなり)に自作の和歌を託した故事をベースにしている。

後に師の藤原俊成は託された和歌の中から一首を、自身が編んだ千載(せんざい)和歌集に、隆盛の源氏をはばかり詠み人しらずとして取り上げた。

その和歌
『さざなみや 志賀の都はあれにしを 昔ながらの山桜かな』

ーーー平家が栄華を極めた時代、平忠度も琵琶湖の周辺、私たちがゴルフをした辺りにも出掛けたのだろう。

◎ゴルフ場から比叡山を見る
f:id:kfujiiasa:20210911082451j:plain
大津市街を見下ろす
f:id:kfujiiasa:20210911082603j:plain
コース内の切り株にキノコ
f:id:kfujiiasa:20210911082707j:plain

「わたしの本のある日々」

個人的な意見だが、女優の小林聡美さんは何かしら他の人とは違う不思議感を身に漂わせている。

最初に印象に残ったのが10年以上前に見た「かもめ食堂」という映画で、群ようこさんの原作を映画にしたものらしいが、なぜかわからないが北欧フィンランドヘルシンキで食堂を始め、そこに日本人旅行者役の片桐はいりさんやもたいまさこさんがからみ、更に現地の俳優とは思えないような普通の人が出てきて淡々と日常が過ぎていく。

なぜフィンランドヘルシンキなのか、良くわからないがその不思議な感じが静かに記憶の底に残っている。

その小林聡美さんが書かれた「わたしの、本のある日々」毎日新聞出版刊 を近所の図書館で借りて読み終えた。
f:id:kfujiiasa:20210908150408j:plain

前書きによるとこの中身は2016年から週刊誌「サンデー毎日」に月1で連載されたものをまとめたものらしく、著者が毎月2冊新刊を読んでそれについて何かしら書くという趣向の集大成らしい。

このような事なのでわたしの知らない分野のことも含め、色々面白そうな本が出てくる出てくる。
これらにいちいち触れると終わりがなさそうなので、私の好きな中島みゆきさんの歌が出てきた、岸本葉子著 「ひとり上手」海竜社刊 についてのエッセイのさわりをホンの少し紹介する。

『このタイトルにドキッとする。なぜなら、その昔中島みゆきさんの歌に「ひとり上手」というのがあったから。~~~
しかし、ひとり暮らし歴30年超の岸本さんは「ひとりが好き」だ。かくいう私もひとりの気ままな暮らしはとても気に入っている。~~~』

中島みゆきさんの「ひとり上手」は好きな歌のひとつで以前カラオケでも何とか最後まで唄ったことがある。
本人が唄っているのも良いが、研ナオコさんの唄っているのもまたとてもいい。

♪︎♪︎心が街角で泣いている
ひとりはキライだとすねる
ひとり上手と呼ばないで
心だけ連れてゆかないで
私を置いてゆかないで
ひとり好きなわけじゃないのよ♪︎♪︎

中島みゆきさんの詞、誰も思いつかないような言葉のアレコレはどこから出てくるのか?不思議でしょうがない。
不思議な二人がつながっている。

◎畑の雑草に5mmくらいの小さな花が。
f:id:kfujiiasa:20210908151139j:plain
f:id:kfujiiasa:20210908151212j:plain
f:id:kfujiiasa:20210908151254j:plain