「杏の気分ほろほろ」

モデルで女優の杏さんが書いた「杏の気分ほろほろ」朝日新聞出版刊 を図書館で借り出し読み終わった。

多分今年の1月1日にこのブログに載せた「杏のふむふむ」の姉妹版といえるものだろう。

まず題の「ほろほろ」という意味が今少しわからないが、本の最後に、

『ーーーそうして循環していく人生を歩んでいけたらと思う。そんな日々を、また書き記してみたいとも思う。これからの日々、ほろほろと柔らかく積もって、また形になりますように』

とあり、どうやら日々の生活のことを表現しているようだが、わかったような、わからないような。

この中の一章に「北条政子との一期一会」があり以前杏さんが大河ドラマ平清盛」で北条政子を演じた事のアレコレが書かれているがその最後が、

『もし、また政子を演じられるなら、その時はもう少し年を重ねて尼将軍となって、承久(じょうきゅう)の乱』の演説をやってみたいものだ。』

とあり、さすが歴女の誉れ高い杏さんだと大いに納得した。

鎌倉時代に起こった承久の乱は本当の意味で武士の世に繋がったいわば歴史の節目になる合戦で、このとき北条政子の演説が東国武士団を結束させ勝利へ導いたとされる。

現在進行中の「鎌倉殿の十三人」では北条政子役は小池栄子さんだが、もうじき来るであろう大演説の場面をどう演じるようになるか私も楽しみに心待ちしている。杏さんも待っているような気がする。

実はこの本文中に

『空を見上げれば、平安時代や幕末の頃の星の光が今日も私の上に輝いている。様々な時間は平行して那由多に広がっている』

という文章が出てきてエッと驚いてしまった。70年生きてきて大概の言葉は分かっているつもりだったがこの「那由多」がわからない。

あわてて辞書を紐解くと元は仏教用語で「なゆた・極めて大きな数量」を指す言葉で、具体的には10の60乗や72乗というとてつもない数になるらしい。ひとつ勉強になった。

 

🔘今朝は歩きの途中嬉しい写真が取れた。公園の山法師(名前を同級生から教わった)の実を小鳥が啄んでおり慌ててスマホで撮影が間に合った。目の回りが白くどうやら目白と思うのだが?。

山法師の実はジャムにすると美味しいと書いてあったような気がするが小鳥にはご馳走かもしれない。

 

【朝餉(あさげ)らし   小鳥啄む   法師の実】

小鳥が啄んだ跡

まだ青いたくさんの実

南蛮煙管(なんばんきせる)と矢羽(やばね)すすき

昔から樹の枝などに寄生する寄生木(やどりぎ)という植物があることは知っていたが、自分では葉緑素を持たず植物の根に寄生して花を咲かせるものがあるとは全く知らなかった。

施設の職員さんに教えられた南蛮煙管もその一種らしくススキや茗荷(みょうが)の根に寄生して花を咲かすらしい。

庭園の守り人さんに尋ねると今年は例年以上に暑くて生育が悪く、あるとしたらこの辺りだとススキの根元を教えられ何かそれらしき芽のようなものがあるのを確認した。

それからも雨の無い日が続いて変化がなかったが台風14、15号で雨も降り、もしかしてと思い根元を探すととうとう咲いているのを見つけた。

といっても花開いた感じはなく名前の通りキセルのような独特の形をしている。

とにかく生まれて初めて御目にかかった花であり「思い草」という別名も持つらしい。

別の一本、奥につぼみが数本確認できる

台風で痛め付けられたが頑張り抜いたススキ、頑張ったお蔭で南蛮煙管も花が咲くことが出来る。

これも施設の職員さんに聞いたことだがこのススキの葉には矢羽(やばね)のような模様がついており矢羽ススキという種類らしくこれも初めて知った。

🔘それにしても植物も色々あって奥が深い。

【風雨去り  宿に感謝の  思い草】

 

【ひっそりと  南蛮煙管  草の宿】

 

【矢羽(やばね)なり  勁(つよ)さが似合う                                                                            芒(すすき)かな】

「100万本のバラ」

歌手・加藤登紀子さんが歌う「百万本のバラ」は好きな歌のひとつである。

あの繰り返すフレーズ「あなたにあなたにあなたにあげる」のところがお気に入りで何回か唄う努力もしてみたが、全体に難しい気がする歌で生来の音痴にはなかなか歯が立たない。

元々ロシアの歌で加藤さんが気に入って自分で日本語の詞を作り持ち歌とした話は聞いていたが、元歌に関しては全く知識がなかった。

9月22日の産経新聞朝刊一面のコラム「産経抄」にこの点に触れた記事が載っていた。それによると

・この歌はロシアの国民的女性歌手 アーラ・プガチョワさんが歌っていた。現在プガチョワさんはソーシャルメディアを通じて政権批判を繰り広げている。

・ロシアの詩人による詞はジョージアの貧しい絵描きをモデルにしている。

・原曲はラトビア(バルト三国)の音楽家が、自国の愛国詩人が大国に翻弄される悲劇を詠った作品をもとに作ったもの。

プガチョワさんを知りたいと思い検索したところYouTubeでたまたま、彼女が加藤登紀子さんの記念コンサートに来日特別出演し、二人で「百万本のバラ」を唄う動画に偶然出くわし感動してしまった。

由来もわかり「百万本のバラ」をカラオケで再挑戦してみたいが相手が難敵過ぎる気がする。

 

♪︎♪︎♪︎小さな家とキャンバス 他には何もない
貧しい絵かきが女優に恋をした
大好きなあの人に バラの花をあげたい
ある日街中の バラを買いました
百万本のバラの花を
あなたに あなたに あなたにあげる
窓から 窓から 見える広場を
真っ赤なバラで うめつくして♪︎♪︎♪︎

 

🔘今朝TVをつけると民放の番組「サンデーLIVE」に加藤登紀子さんが出演されインタービューで、ロシアのウクライナ侵攻などを念頭に「平和のためにもこの100万本のバラを今後も歌い続けたい」と答えられていた。

🔘公園の歩径路脇に咲くのは虎杖(いたどり1)のように思われる。花は甘いようで蟻が頻繁に出入りしている。

 

「1台の荷車には1個だけ荷物を」

最近施設の俳句サークルに入れてもらい、素人の悲しさを味わいつつ少しでも多く詠んでみようと四苦八苦している。

入門書を読むと初心者が先ず守らなければいけないことは

・五・七・五

・季語を入れる

の二つであり、あとは作りながら習得すればいいように書かれている。

ここまで試行錯誤してきたなかで一番感じることは、とにかく「どう言葉を捨てるか」「どう言葉を短くするか」に尽きるような気がしている。

今まで生活してきた日本語の世界で、永年修得した文章作法をもとに自分が見聞したことや感じたことを17文字におさめようとすると、どうしても字数が余ってしまう。

余分な言葉を思い切って削り、捨てる、これが意外に難しい。これを削ると自分が感じていることが伝わらないのではとついつい躊躇してしまう。

若い頃からお世話になった作家・司馬遼太郎さんの全集を少しずつ読み直しているなかで、初めて出会う短いエッセイ「私の文章作法・一台の荷車には一個だけ荷物を」がありこの意味合いは俳句創りに大変役立つなと目が覚めた気がした。

以下その肝心な部分、

『センテンスは荷車のようなものです。一台の荷車には一個だけ荷物を積むようにしなさい。一個ずつ荷物を積んだ荷車を連ねてゆけばそれでいいわけで、欲張ってたくさんの荷物を一台の荷車に積んではいけません』

『一つのセンテンスに複数の意味を載せている文章がよくあるがああいうものは悪文だと思い定めるべきです』

🔘あとは何でもそうだと思うが数をこなして行くことでその世界に慣れて行くしかないのだろう。

 

【解けぬまま   ふるさと文書(もんじょ)   月に問う】

 

🔘公園の一角に咲いているのは葉っぱの形状からローズマリーのような気がする。

 

四境戦争に対応した長州藩の軍制改革と厚狭①

9月20日のこのブログで、第二次長州征伐(四境戦争)に向け元治2年=慶応元年(1865)長州藩内で「防長御一和・武備恭順」の藩論統一が成ったことを書いた。

同年4月19日幕府は第二次長州征伐の軍令を発し諸藩へ軍事動員を行った。しかし実際に幕府軍長州藩へ攻撃開始するのは翌年の6月からでその間幕府軍主要部隊は諸事情により大阪で足止め状況にあった。

この約一年間が長州藩が幕府大軍との直接対決に向けて急ピッチでその軍制改革を成し遂げる貴重な時間になった。(逆に言えば幕府は一年間を無為に成したことで自ら勝機を逃した)

この軍制改革を実質的に指揮したのが木戸孝允(桂小五郎)と大村益次郎(村田蔵六)である。

藩内の村医者出身の大村は適塾の塾頭を勤めたこともある洋学の先駆者の一人で、彼を長州藩に招いた一人が木戸で二人の友情は終生続いた。

これは政治を志向する木戸と軍事を志向する大村という分担とバランスが絶妙であったことに由来するのかも知れない。

木戸は藩政府が俗論守旧派主体であった時期、粛清を恐れ藩外に逃亡していたが、高杉晋作の挙兵により始まった内戦が、尊皇攘夷派=正義派勝利に終わり藩論が「武備恭順」で統一されると藩に戻り政事堂御用掛兼国政方用談役として藩の中枢に立つ。

大村は木戸の建言により藩の中核である大組士に任用、軍制改革の任に当たることを命じられた。翌年には軍政用掛兼海軍御用掛に任じられ藩の実質陸海軍大臣兼参謀長の役割を受け持つ。

これら指導者による慶応期の長州藩軍制改革は、兵員武器装備に圧倒的に差がある幕府軍から仕掛けられる戦争に対抗して生き残るため実行された、防長二州の士と民とで自らを西洋式軍隊に作り直す一大プロジェクトであった。

その具体的な内容について歴史家・柳澤京子氏が「戊辰戦争の新視点」吉川弘文館刊に寄稿されている「長州藩慶応期軍制改革と藩正規軍」を参考にしながら厚狭毛利家との関わりも含めて次回以降に書いていく。

【雨の朝   路に落ち葉の   裾模様】

【雨の朝    落ち葉模様を   描く路(みち)】

🔘今朝は雨模様で傘をさして歩いてきたが、誰も通っていない歩径路には落ち葉が散乱し、路を布地に自然の模様を付けているように見える。

 

【雨の朝    落ち葉模様を   描く路(みち)】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本への警告」

一昨日の日経新聞一面に、長い目でみた国力の指標であるドル建てGDPで、2012年にドイツに比べ8割大きかったものが昨今の円安もあり足元で並びつつあるというショッキングな記事が出ていた。

そんな中読み終えたジム・ロジャーズ著「日本への警告」講談社プラスアルファ新書は見方によっては更にうすら寒さを感じさせられるところがある。

著者は高名な日本通と呼ばれる投資家で自分の娘にこれから生きていく上で大切だと考える中国語を学ばせるためにシンガポールに移住して投資活動をしていることで知られている。

また最近も、このままいくと20年後には日本は消滅するとその著書に書いて物議をかもしている。

その論拠はこの「日本への警告」で書かれていることと同じて以下の2項目の改善の道筋が見えないことを指摘している。

出生率の低下・少子化

②長期債務残高・国の借金の増加

私も全く同感ながら、①の出生率の方は一人当たりの国力維持に方向付けし質的向上を目指す対応が出来るような気がするが②の方は激しい痛みを伴ってでも大ナタを振るわなければ未来は無いような気がしている。

また書かれている内容で共感を覚えるのは以下の項目である。

・破綻というものはゆっくり訪れる。

・今の日本はかつての日本人と違いビジネスにより外貨を稼ごうとするより紙幣を刷り続けて日本を救済しようとする間違いを犯している。

・人口減少への対策は国境を開くこと(外国人の受け入れ)と女性が活躍できる社会

・大胆に支出を削減すること。

・日本企業は昔ながらの高品質を武器にせよ

・農業の可能性にもっと目を向けよ

🔘投資に関してのアドバイスのなかでなるほどと思うこと。

・人の言う通りにしてはいけない

・故郷にとどまるな

・安く買って高く売る(これが一番難しい)

・よく知らないものに投資してはいけない

・安全という言葉を信じない

・好機は危機に潜む

🔘国の借金が増えることを容認する意見があるが、私は著者と同じく日本が最優先で取り組むべき大問題と思っている。少なくとも早期のプライマリーバランス黒字化は必須である。

🔘しかしこの本のなかで著者が、ロシア、中国、朝鮮半島に大きな期待を寄せている点は昨今のウクライナ侵攻の事実も含めて少々懐疑的で割り引いてみておく必要があると思っている。

これこそ「人の言う通りにしてはいけない」という著者自身の言葉である。

 

🔘昨夜ベランダに出ると今年初めて鈴虫のリーンリーンの声が聞こえて来た。

 

【鈴虫が  背に奏(かな)で居り  大夜景】

 

映画「椿の庭」と富司純子さん

住んでいる施設のミニ映画会で2020年の日本映画「椿の庭」を鑑賞した。

とにかく今まで私の観てきた日本映画の類型にあてはまらない不思議な映画である。

脚本監督は私が初めて出逢う上田義彦さん、広告も手掛ける写真家とのことで、植物や小動物などの細部にわたる映像が多用され類型に嵌まらないのは監督が写真家であることに依るのかもしれない。

ストーリーはネタバレにならないように最小限にするが、

夫を亡くした老齢の絹子(富司純子さん)が、椿などが丁寧に手入れされた庭のある海の見える古民家で、孫の渚(シム・ウンギョンさん)と暮らしている。

夫の相続税対策で住み慣れた家を手放さざるを得なくなり、自分の後始末心配りをして最期を迎える。

次女が陶子(鈴木京香さん)、長女は駆け落ちして海外へ行き事故死、残されたのが渚で、家族の行き違いが暮らしの中で少しずつ解きほぐされ、互いの思い遣りが理解されていき絹子の死を支えている。

常識的な映画は主人公の死で終わるが、この映画は死後、素晴らしい環境を持つ家や庭が重機で解体される衝撃的なシーンを写した後、渚が一人暮らしを始めている様子で終わってしまった。

私も最近住み慣れた家を壊し引っ越していることもあり、この辺りはどういう意図があるのか少し考え込んでしまった。

実はこの映画の主演が富司純子さんということに牽かれて観ることにしたのだが、その年齢らしい落ち着いた演技でなるほどと思わされた。

私の富司純子のイメージは藤純子主演・東映映画「緋牡丹博徒」の仁義口上にある。

『姓は矢野、名は竜子、またの名を「緋牡丹のお竜」と発します。

渡世修行中のしがなき女にござんす。

行く末万端、お見知りおかれまして、よろしくお引き回しのほどお頼ん申します。』

バックに流れる歌の方は下手なカラオケでも唄ったことがある、これも同名の「緋牡丹博徒

♪︎♪︎娘ざかりを  渡世にかけて

  張った身体に  緋牡丹燃える♪︎♪︎

🔘いい映画、いい歌、いい時代でした。

🔘垂水の高台に引っ越して初めての大型台風14号なので海の様子を定点観測してみた。

【南風(はえ)の海   慌ただしくも   模様替え】

・9月17日

・9月18日

・9月19日海は大荒れ

・9月20日台風一過