水戸天狗党の乱と長州藩内の争い

6月15日のこのブログで、幕末「天狗党の乱」で水戸藩の勢威と世評が地に落ちた事を書いたが、ふるさとの長州藩も一歩間違うと党派抗争で自壊した水戸藩と同じ道をたどる瀬戸際まで行った歴史がある。

天狗党が挙兵した元治元年(1864)は長州藩にとっても多事多難な年であった。
・6月5日池田屋事件 新選組襲撃で長州藩士・吉田稔麿等が闘死。

・7月19日京都に押し上った長州軍は「禁門の変(蛤御門の変)」で敗退し長州藩は朝敵とされる。

・8月2日幕府による第一次長州征伐の大軍が発向。

・8月5日4ヶ国連合艦隊が長州を攻撃し下関砲台占領。

・11月11日長州藩政府(保守派)は正義派(革新派)を排斥、「禁門の変」責任者の3家老を自刃、4参謀を斬首し幕府に恭順する。

・12月16日高杉晋作を指導者にして正義派の一部が藩政府転覆を期し下関で挙兵。

・翌年1月7日~16日保守派藩政府軍と奇兵隊等諸隊を中核にした正義派軍が大田・絵堂(萩と山口の中間地点)で交戦、諸隊有利で進んだ状況下、中立派(鎮静会と称した)が結束して調停にのりだす。
ちなみにこの時保守派藩政府軍・撰鋒隊総奉行は厚狭毛利家世子・宣次郎であった。

・2月2日藩主を説いて保守派政府を交代させ高杉等を中心とする藩新政府を樹立して藩論を幕府に対して「武備恭順」として統一した。
(武備恭順とは表面上は幕府に従うが、武力を充実させて何時でも戦えるよう準備を進める方針のこと)

この藩政府が以後、薩長同盟、第二次長州征伐、鳥羽伏見~戊辰戦争へと至る道を一貫して指導することになる。

このような経過を見ていくと長州藩・防長2ヶ国が党派対立を超えて一致結束して明治維新を迎えることが出来たのは、対立のピークで互いに犠牲者は出しながらも壊滅的な大量殺戮などが起きる前に中立派が主導して藩論をまとめ統一出来たことが極めて大きい。

政治的な対立は有ってもそれを乗り越え国(藩)論を統一していくことが如何に大事か、現代にも通じる。
それには中立的な党派の存在が重要であることも示している。

◎図書館脇のこの花はヒオウギスイセンという名前らしい。
f:id:kfujiiasa:20210617124228j:plain
f:id:kfujiiasa:20210617124256j:plain
f:id:kfujiiasa:20210617124340j:plain

TOTO(トートー)とTQC(テイキュウシー)

日本経済新聞の最終面・文化欄には「私の履歴書」という、各界の著名人が自らの来し方を数十回にわたって振り返るコーナーがあり、前回は俳優の吉行和子さんで、連続テレビ小説のモデルにもなった母親の吉行あぐりさんや兄で作家の吉行淳之介さんの話も交え面白く読ませて貰った。

現在の連載は、住宅設備やリフォームを手がけるTOTO(株)の元社長・木瀬輝雄氏で現在16回目である。
TOTOは云わずと知れた洗浄トイレ・ウオシュレットの会社で、私は海外のホテルでこれを初めて使い、これはきっと売れると思い帰国してTOTOの株を買い、我が家のトイレにも導入した思い出がある。

昨日の記事ではTOTOのホーロー浴槽の品質問題から始まりTQC・「全社的品質管理」の導入活動までが取り上げられており、私にとっても現役時代を思い出す懐かしい内容であった。

TQC活動は日本企業の成長期1980年代終わりごろから2000年頃くらいまで各企業が競って導入したもので、
全員参加の小集団活動(QCサークル)、統計的品質管理、目標管理、といったものをPDCAのサイクルを廻しながら全社レベルで経営活動として取り組み、優秀企業は最高の評価であるデミング賞の受賞を目標にしていた。

私も品質管理の仕事に携わっていた当時、TQCの優秀企業として北九州市にあるTOTOの名前を耳にしていた。
ひょっとするとその当時はまだ社名変更前の「東洋陶器」だったかもしれないが、確かデミング賞も受賞された様な記憶がある。

高度成長期が終わると共に、TQCは影をひそめ目標管理だけは形を変えながら生き残ったような気がしている。

終戦後初めて米国から品質管理の思想と手法が導入され、それをベースに日本独自の品質管理手法としてTQCが発展したが、トヨタで有名になったジャストインタイム・カンバン方式などと共に成長期の日本の「もの造り」の思想的なバックボーンのひとつだった。

下降気味の日本の「もの造り」がいつどの様な形で上昇に転じるのか、期待をもって今日も日経新聞を読んでいる。

◎近所で唯一の大きな田んぼが今朝見ると田植えが終わっている。ふるさと厚狭鴨庄の辺りも田植えが済んだのだろうか。
f:id:kfujiiasa:20210618091552j:plain

川路聖謨(かわじとしあきら)②長崎日記

6月12日のこの日記に、幕末の開明的な幕臣のひとり川路聖謨が、幕末のロシア使節プチャーチンの長崎来航に伴い、応接掛として江戸から長崎に下向途中に、ふるさと厚狭の隣町・船木に泊まった記録がある事を書いた。

色々調べて見ると川路聖謨のこの長崎日記が平凡社東洋文庫の巻124として刊行されていることが分かり、図書館で予約し取り寄せて貰った。
f:id:kfujiiasa:20210616115138j:plain

日記は・江戸より長崎まで・長崎にて・長崎より江戸まで
の3章に分かれており、出立に当たり江戸城で13代将軍家定に面謁するところから始まり、プチャーチンとの折衝を経て江戸へ帰着するまでが書かれてあり、往復とも旧山陽道を通り厚狭を通過したことが見えてくる。
厚狭に遺る旧山陽道の道しるべ
f:id:kfujiiasa:20210616112319j:plain

その中から船木で止宿する前後の記述を探すと

往路 嘉永六年(1853)十二月朔(一)日 晴
~小郡にて昼休。毛利家の茶屋本陣なり。船木にいたり止宿。これ又茶屋本陣也。この茶屋本陣というものは、領主普請とみえて大造なるもの也。きょうは松平大膳大夫(萩毛利藩主)より昼休へは(鯛二、野菜物)泊へは(鯛二、野菜物)贈物有り~

二日 晴
暁に船木を出て、吉田と云う所にて昼休いたす。ここも領主の茶屋にて、大造なる構也。さながら寺のごとし。其一里前に、石炭(いしずみ)という所有り。石炭出るかと尋ねしに、少々は出ると云う。~

復路 嘉永七年(1854)一月二十八日 くもり
六半時(午前7時)下関出立いたし、吉田に昼休いたし、船木に止宿也。異国船のこと毛利家へ相尋ね候処、取り沙汰はいたし候得共、たしかなる事は承らざる旨申し答え候。~

★毛利領通過に当たり川路は毎日、昼と夜2回鯛や野菜物を贈られており、外様大名として毛利家が幕府に気を遣う様子がよくわかる。

★石炭(いしずみ)は厚狭の西端にある集落で、昔から石炭が出ていたとされ名前の由来になっている。
この頃外国蒸気船は石炭を使用していることが判っており、その点から川路は石炭に興味を持ったようである。

★復路の厚狭毛利家領・船木で川路が異国船のことを尋ねた相手は、萩藩の者か厚狭毛利家の者かは分からないが、丁度この時米国使節ペリーが、幕府の回答を求め再度浦賀沖へ来航しており、幕吏の川路は大いに気になっていた様子がうかがえる。
毛利側も情報は既に得ていたはずで、うかつなことを答えてはいけないとの思いが出ているのだろう。

★川路はこの時「左衛門尉」に任官、勘定奉行であったため本来駕籠での道中であるべきだが碓氷峠を越える辺りの記述で鍛練のために歩行していることが書かれてあり、このような点からも優秀な官僚であったことがうかがえる。
ーーー厚狭川を渡って山陽道を歩く川路聖謨の姿が確かに浮かんでくる。

◎歩きの途中の川端に自生しているのはなんと云う植物だろうか、花だろうか実だろうか定かでない。
f:id:kfujiiasa:20210616115702j:plain
f:id:kfujiiasa:20210616115738j:plain

孫の転居とあれこれ

我が家に下宿中の二番目の孫が、コロナウイルスの関係もあって大学の直ぐ近くに引っ越すことになり、娘夫婦と一緒にやって来て1泊2日で荷物運搬や部屋の準備等をやり終えた。

少し寂しい感じもするがお互いに自由が少しばかり増えて前向きにとらえようと思っている。
残りの学生生活を価値あるものにして総合力を高めて欲しい。

今日のキュウリとナスの収穫を娘へのお土産で持ち帰ってもらった。自分の作った野菜が役に立つのはなかなか嬉しい。
f:id:kfujiiasa:20210615190131j:plain

最後のアルバイト代わりに、ジャガイモ収穫後の畑に雑草避けシートを張り付ける作業を孫に手伝ってもらった。
押さえのピンを各所に打ち付ける作業はいつも腰にくるので手伝って貰うと助かる作業と言える。
シートを張り終わった畑
f:id:kfujiiasa:20210615204339j:plain

娘が持参したお土産のひとつが「吉備(きび)おもて」と名付けられた岡山県備中神楽(びっちゅうかぐら)のお面をイメージした饅頭で小豆こし餡と白餡の2種類が入っている。
形と由来は全く違うが皮と餡の全体の雰囲気は隣の広島県の名物もみじ饅頭によく似ている。
f:id:kfujiiasa:20210615190210j:plain
f:id:kfujiiasa:20210615190243j:plain

里人自身が伝えて舞う民間伝承の神楽は岡山県広島県島根県山口県など中国地方の山間部を中心に広く見られる。これは古代出雲(いずも・島根県)の影響からだろうか。
出雲の大国主命(おおくにぬしのみこと)と天孫族との国譲り神話はこれらの神楽のテーマになっていることが多い気がする。
これらの地方は人口減少や高齢化が顕著で、山口県に帰省の折りに車窓から見ると耕作放棄地も多くなっていて、どこも神楽などの伝承には苦労されているに違いない。

「天狗争乱」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」では主人公の渋沢栄一とならんで水戸藩出身の一橋慶喜が準主人公のような廻りで物語が進んでおり現在、水戸藩の悲劇とも言える「天狗党の乱」が映し出されている。

水戸藩徳川御三家でありながら不思議なことに徳川光國(黄門)以来の尊皇思想の家柄で、幕末9代藩主・徳川斉昭の時代になるとその思想に攘夷が加わり、天皇中心主義で外国勢力を打ち払うべしといういわゆる尊皇攘夷(そんのうじょうい)の総本山のようになってしまった。

従って順調に物事が進んだと仮定すると明治維新は薩摩(鹿児島県)長州(山口県)土佐(高知県)肥前(佐賀県)ではなくその筆頭に挙げられていたのは水戸(茨城県)だったかと思える。

そうならなかったのは水戸藩内の党派抗争の激しさでありそれを代表する幕末の大事件が「天狗党の乱」と思われる。この事件についておよそのことは知っていたが良いきっかけと思い、史料に忠実なことで定評のある作家・吉村昭氏の作品「天狗争乱」朝日新聞社刊 を近くの図書館で予約し読み終えた。

斉昭から第10代藩主慶篤に掛けての時代、水戸藩では
・比較的高い家格の藩士が集まる門閥
尊皇攘夷を掲げ即時外国人を打ち払うとする激派
尊皇攘夷ながら冷静に事態を見極めようとする鎮派
の3派に分かれ対立していた。

門閥派は身分の低い尊攘派が急に威張り出したとして蔑み天狗派と呼ぶようになったが特に激派では天狗は義勇に通じるとして自ら天狗と称するようになり激派=天狗が定着した。

尊攘激派は長州藩などと連絡を取り、全国に先駈けて攘夷実行を幕府に迫る名目で元治元年(1864)3月水戸藩常陸(ひたち)国筑波山(茨城県)で挙兵し天狗党と名乗った。
初期の軍用金集めや、天狗党の名をかたる者達の影響もあり地域民衆の反感を買い、水戸藩や幕府を敵にする形になり関東各地で戦乱となる。

これに乗じて水戸藩政府は門閥派が占めることになり幕府と結んで徹底した追討を指向する。

この為天狗党約1000人は事態を打開するため京都にいる水戸藩出身禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)・一橋慶喜を頼るべく幕府や各藩の追討軍を避けながら苦難の大行軍を実行するが、京を目前にした越前(福井県)で慶喜の拒絶に合って降伏する。

一橋慶喜はこの後、加賀藩等の忠告を振り切り、自らを頼った天狗党水戸藩門閥派と結ぶ幕府追討軍に引き渡す。
この結果敦賀での鰊倉(にしんぐら)集団幽閉、352人斬首、などが実行され水戸では指導者の家族3歳の子供までを含み処刑された。

草彅剛さんには申し訳ないが、個人的に私は一橋慶喜という人物には以前から大いに疑問がある。
ひとつはこの天狗党への対応、もうひとつは鳥羽伏見の戦い後、部下を置き去りにして大阪から江戸へ自分だけ軍艦で逃げ帰ったことである。

何れにしろこの過酷な処置は、幕府や水戸藩更に一橋慶喜の世評を地に落とし、滅亡への道を自ら歩む第一歩となった気がする。

◎初めてのオクラの収穫、オクラの花がこんなに綺麗とは
f:id:kfujiiasa:20210615131809j:plain
f:id:kfujiiasa:20210615131852j:plain
◎天狗争乱
f:id:kfujiiasa:20210615132057j:plain

厚狭毛利家代官所日記④天保6年④遠島処分

6月9日のこのブログの続き

時代劇では江戸町奉行などが犯罪者を遠島処分すなわち島流しの刑を言い渡す場面がよく出てくる。
代官所日記天保6年分には厚狭毛利領内でも遠島処分になった例が記載されている。

古い日記の事なので一部に虫食いもあり、また詳しいことまでの記載に欠けるが7月3日から9月25日までの間、断片的に書かれてあることを私なりに要約した内容は次の通り。

厚狭広瀬村百姓・河野九兵衛は役目中に米の取引を行い多額の公金に損失を出して出奔した。(九兵衛は苗字もあり村の下役人だったと思われる)
その後、後悔して立ち帰ったので萩表でも詮議した。この間当初の公損失が減ったこともあり厳科に処すところ格別の配慮を以て遠島処分を仰せ付ける。
(本来は死罪相当だったのかもしれない)

この事は萩本藩とも連絡済みで吉田宰判を通じて島を借りることの了解を得ている。
実際の島への連行などは吉田宰判の下役人が行う。
島扶持(島での生活費と思われる)は厚狭毛利側の負担のようで多分九兵衛が属する広瀬村百姓組が負担することになるのだろう。

島流し期間は書かれておらず無期刑か有期かは不明である。
また島流し先が三嶋と書かれてあるがこれがどこを指すのか、萩沖の見島なのだろうか不明である。
萩藩の吉田宰判宛に「借島」という表現があるところから長州萩藩の領内の島と思われるのだが。
(この島流し先については山口県文書館にも確認したが分からなかった)

厚狭毛利領はあくまで萩藩の分家が給領地をあずかっている形であり、何かにつけて本藩の代官所である吉田宰判所や船木宰判所に気を遣う様子が切実に伝わってくる。
さしずめ「分家はつらいよ」だろうか。

それにしても現代に比べると公的なものに損害を与える事の罪が極端に重い事がわかる。

◎図書館の玄関脇に咲いているこの花は?
f:id:kfujiiasa:20210613171239j:plain
f:id:kfujiiasa:20210613171312j:plain

桐葉菓(とうようか)と風流武辺(ふうりゅうぶへん)

昨日は梅雨の合間で久しぶりにゴルフでホームコースに出かけてきた。
帰宅してみると山口県周南市の中学同級生から手紙とお菓子が届いていた。友人の方に届けて貰う私の本に関することで懐かしい名前も出てきて、嬉しく読ませてもらった。

更にお菓子の包みを開け由来書きを読んでビックリ感動してしまった。

広島名物「もみじ饅頭」の和菓子屋さんの「桐葉菓」という和菓子で茶道・「上田宗箇流」の縁で武将・上田宗箇が豊臣秀吉から拝領した桐の紋にちなんで茶人好みにも合うよう工夫されたと記されている。
f:id:kfujiiasa:20210613095214j:plain
f:id:kfujiiasa:20210613095243j:plain
今朝、コーヒーと共にいただいたが小豆あんにもち米が絡んでモチモチ食感になっておりとても美味しかった。

上田佐太郎重安は戦国時代を生き抜いた武将の一人で以前から私自身とても興味有る人物で注目していた。
初め、織田信長重臣丹羽長秀に仕え長秀死後は秀吉の直臣(じきしん)になり豊臣姓を賜り主水正(もんどのしょう)に任官した。

関ヶ原では西軍に属したが助命され剃髪(ていはつ)宗箇(そうこ)と号した。その後阿波(徳島県)・蜂須賀家客分から、紀伊(和歌山県)浅野家重臣として再度仕官、浅野家が広島に国替えになるとともに広島に定住生涯を終えた。

小柄ながら武術にすぐれ、本能寺の変の折り丹羽家臣として、明智光秀への加担が疑われた織田信長の甥・津田信澄の首を獲り、大坂の陣の折りには浅野家臣として、大阪方勇将・塙団右衛門(ばんだんえもん)を討ち取った。

徳島城や広島で作庭家として名を遺すとともに古田織部正(ふるたおりべのしょう)などから茶を学び武家茶道・上田宗箇流の祖となる。
文武両道とはこの人の為に有るような言葉かも知れない。

私が初めて上田宗箇のことを知ったのは作家・津本陽さんの「風流武辺」からであり、昔読んだ文庫本を押入れから探し出して来た。
f:id:kfujiiasa:20210613095111j:plain
佐太郎が武術の指南を受ける遠縁の女性と恋に落ち死別する場面は記憶にいつまでも残っており、「風流武辺」の題名は、文武両道を表し爽やかなイメージが湧いてくる。
またこの本の解説は上田宗箇流16代家元上田宗嗣氏がご先祖をふりかえって書かれている。

◎昨日のゴルフは、普段と反対で前半が悪く49、後半が改善し43、トータル92、とにかく雨に遇わなかったのが最大の収穫の良い1日でした。