「教養としての地政学入門」

出口治明著「教養としての地政学入門」日経BP社刊 を読み終えた。
著者はライフネット生命保険の創業者で現在立命館アジア太平洋大学の学長でその傍ら世界史、宗教、哲学などの分野で教養を切り口に色々な本を出されたり雑誌に寄稿されている。
著者の略歴には訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は一万冊以上とある。
f:id:kfujiiasa:20211201132920j:plain

最近のニュースで国際関係や外交問題が出てくると、「地政学上」や「地政学的に見ると」といった言葉が頻繁に出てくるようになってきたがこの地政学とはこの本の解説を借りるとドイツで生まれた
〈政治現象と地理的条件との関係を研究する学問〉
でもう少し分かりやすく云うと
〈ある国や国民は、地理的なことや隣国関係をも含めて、どのような環境に住んでいるのか。その場所で平和に生きるために、なすべきことは何か。どんな知恵が必要か。そのようなことを考える学問〉
もっとも簡単な解説は
〈国は引っ越し出来ない〉

なるほど、要は日本は太平洋の西の端、アジアの東に位置する細長い島国であるとの事実から出発するという事だろう。

内容が世界史、日本史、それも海と陸の双方から広範囲にわたるので量的に要約はできないが私が新しい知識や気付きとなった箇所を挙げると

海上交通の守護神「住吉大社」の研究から、朝鮮半島を根拠地とした集団が、北部九州、関門海峡、瀬戸内から大阪へ至る海の道を開いた。博多住吉神社、下関長府住吉神社、大阪住吉大社
建立時期もこの進路開拓の順であり各神社共にその土地の一の宮に定められ日本の王権とつながりがあったことを示す。

②あらゆる条件を考えると現在の日本が同盟を結べる相手は、アメリカ、中国、EUの3択しかないが現実的にはアメリカに絞られる。
日本が単独で行動する「日本ファースト」はあり得ない

③沖縄にある基地は分散させるべき。基地は必要である前提で日本国民が痛みを分かち合う姿勢で取り組む必要がある。

日露戦争の帰趨を決した日本海海戦の作戦を主導した秋山真之アメリカの海軍大学で海軍軍人・マハンの教えを受け日本海軍も「海軍力・シーパワーと海上交通線の確保」というマハンの命題の影響を受けたが、現在の中国では一帯一路政策を推進するなかそのマハンの著作が盛んに読まれ学ばれている。

等々が挙げられる。

◎空き地に咲くホトケノザ(名前は同級生に教わった)良く見るとおもしろい形をしている。
f:id:kfujiiasa:20211201132149j:plain
f:id:kfujiiasa:20211201132215j:plain
f:id:kfujiiasa:20211201132238j:plain

兵庫(ひょうご)と神戸(こうべ)

用事が出来て兵庫県神戸市の垂水(たるみ)まで出掛けてきた。本来なら車で行くのだが約束の時間が通勤等と重なり渋滞に巻き込まれる事から電車で行くことにした。

最近開通したJRおおさか東線地下鉄東西線経由で尼崎まで出て、そのままJR神戸線垂水駅へというルートを選択、ドア~ドアで2時間かかった。乗り換えは全て同一ホームで階段の昇り降りがなく数分待ちで、JRの時刻表も上手く出来ているものだと感心してしまった。
スマホで路線を調べたのだが西へ行くのに大阪駅を経由しないのは初めての貴重な経験。

初めて乗車した神戸線で窓の外を見ていると、神戸駅の次が兵庫駅となっており、以前から良く分からなかった兵庫(県)と神戸(市)はどう違うのか、ここで更に疑問を感じてしまい少し整理してみることにした。

日本史で出てくるこの地域の重要な港・湊(みなと)は全て兵庫である、例えば、
平清盛が中国・宋との貿易を意図して開発したのが兵庫・大輪田の泊(おおわだのとまり)。
楠木正成足利尊氏との決戦の為京を出て兵庫に赴く。
・幕末、日米修交通商条約でほかの港と共に兵庫が開港する。

兵庫とは武器庫・武庫(ぶこ、むこ)のことで律令制の武器を扱う役所・兵庫寮(ひょうごりょう)に由来すると考えられる。兵庫県を流れる武庫川(むこがわ)も同様と思われ、古代この付近に武器庫に類するものがあったと推定される。

私の好きな武将の一人、関ヶ原合戦で島津の退き口(のきぐち)といわれる名誉の退却戦を成功させたのが島津義弘(しまずよしひろ)、官職名を兵庫頭(ひょうごのかみ)と兵庫寮の長官を名乗っていた。

神戸(こうべ・かんべ)とは一般に神社へ租税を納める民のことで、この地は近くの生田(いくた)神社や長田(ながた)神社の神領であったと思われる。

どちらも海に面していたが歴史的に重要であったのは兵庫で、幕末~明治の開国に際して対外交易港として開港したが、兵庫には外国人居留地などを設けるスペースがなく、やむを得ず東隣の神戸が実際の開港場となり、波止場、居留地、倉庫、等港湾設備が順次整備され現在に至った。

また元は兵庫がメインの港であった為、明治維新の際地域の役所が兵庫に置かれ兵庫県と名付けられた。

垂水まで電車で出掛けたことで永年の疑問のひとつが見えて来たようでとても嬉しい。

◎先日の雨と寒さで少し弱ったような感じがする、我が家のガレージ脇に植えたパンジー
f:id:kfujiiasa:20211203154828j:plain
f:id:kfujiiasa:20211203154920j:plain

映画「汚名」

NHKBSプレミアムシネマで放送されたアルフレッド・ヒッチコック監督のサスペンス映画「汚名」を録画してようやく見終わった。

冒頭出てきた原題が「Notorious」で通常「悪名高い・評判の悪い」と訳されるが確かにこの映画の場合は「汚名」の方がしっくり来るような気がする。

というのもストーリーが、ドイツ出身の父親がナチスドイツのスパイで収監され、その娘が父親を否定する愛国心からナチス復権を画策する一味に近づき、彼らの持つウラン鉱石などの秘密を探り出すもので、日本的に云うと「汚名挽回」「汚名返上活動」とも云えると感じたからである。

娘を演ずるのがイングリッド・バーグマン、FBIの職員で娘とのつなぎ役にもかかわらずお互いが愛し合う役回りが、ケイリー・グラント、美男美女の組み合わせ。

イングリッド・バーグマンは「カサブランカ」、ケイリー・グラントは同じヒッチコック監督の「北北西に進路をとれ」が私の印象に残っている。

ブラジルを拠点にナチス復権を目指す一味の一人で、娘のハニートラップにかかって結婚し最後に破滅を迎える損な役回りがクロード・レインズ、気の毒にと思いながらどこかで見たことのある顔だ、演技が上手いなあと思いつつ見終わってしばらくしてようやく思い出した。

アラビアのロレンス」の英国外交官役、「カサブランカ」でフランスの警察署長役、どちらも脇役として大きな存在感を放っていた。
特に「カサブランカ」の署長は最後にハンフリー・ボガードを助けてやるいい役回りで記憶にずっと残っている。

映画の前半は何かパッとしない感じがして片手間にスマホを見たりしていたが、そこはやはりヒッチコック監督で、期待を裏切らず、娘が潜入のために結婚してからの後半はハラハラドキドキの連続でEndマークまで眼を離せなくなってしまった。

また監督のいつもの手法ながら、終りのあとを観るものが想像するように余韻を持って終わらせるストーリーが、この映画を更に良くしているように思われる。

◎最近歩いていても花を見かける機会がずいぶん減った気がする。その点菊はまだ色々見かける機会が多い。
f:id:kfujiiasa:20211202154703j:plain
f:id:kfujiiasa:20211202154734j:plain
f:id:kfujiiasa:20211202154757j:plain

「六波羅探題(ろくはらたんだい)」

森 幸夫著「六波羅探題ー京を治めた北条一門」吉川弘文館 歴史文化ライブラリー#535を読み終えた。
f:id:kfujiiasa:20211130103818j:plain

11月19日このブログで「鎌倉殿と執権北条氏」を書いてその最終章が、東の武士団が日本史上初めて京や西国を圧倒した「承久の乱(じょうきゅうのらん)」であるのを紹介した。
六波羅探題とはこの承久の乱で京朝廷や西国武士を圧倒した鎌倉幕府の実質支配者北条氏が、その乱の後京に置いた機関でその役目は主に次の3項目である。
①朝廷や大寺社との折衝
②京・洛中の治安維持
③西国の監視、裁判

六波羅とは機関の役所が置かれた京の地名で、かつて平家の本拠があった場所で知られる。
探題とはもともと判定者という意味で、上記の役目を裁定する事から名付けられたと考えられる。

都である京から遠く離れた鎌倉に拠点を置いた執権・北条氏を頂点とする鎌倉幕府は、承久の乱をきっかけに天皇の廃立や諸国の守護地頭の任命権などを手に入れたが、旧勢力の多い都や西国統治には苦労が多かったようで、北方(きたかた)と南方(みなみかた)2名の六波羅探題は当時の北条一族のなかでも有力者が任命され、慣れない地で、武力や折衝力、文化力を用いて奮闘する。

この本のなかでは、承久3年(1221)6月の成立以来、後醍醐(ごだいご)天皇建武(けんむ)の新政に向けた旗揚げに呼応した足利高氏(後に尊氏)によって正慶(しょうけい)2年(1333)5月に六波羅探題が滅亡するまでの約100年余りが史料に依ってその事績と共に描かれる。

探題滅亡に当り、鎌倉へ落ち行く六波羅軍は琵琶湖の東で力尽き最後の探題・北条仲時(ほうじょうなかとき)以下
430人余りが全員自害する。これら多数の自害は歴史の中でもあまり例を見ず関東武士の誇りと意地が垣間見える。

鎌倉に殉じた御家人や北条氏被官(ひかん・家来)とは別に探題中で主として実務に当たっていた官僚系の人々は後に室町幕府に吸収され官僚や幕府奉公衆(ほうこうしゅう・直勤家来)になっていくという記述は室町幕府を見る上でとても興味がある。

今まで六波羅探題という名前は知っていたものの一般的にマイナーな存在で、その中身をを知ることは少なかったがこの本のお蔭で新たな知識が得られた。

◎歩きの途中、草むらで見つけた小さな花
f:id:kfujiiasa:20211130104839j:plain
f:id:kfujiiasa:20211130104924j:plain

「ライオンのおやつ」

NHKBSのプレミアムドラマ「ライオンのおやつ」全8回を見終わった。
といってもたまたま再放送が1日の内に連続でされており、番組表を見て一括録画したに過ぎないのだが。
週1のドラマはあまり観ることがないが、小川糸さん原作の本が以前本屋大賞にノミネートされていたことを知っていたのでついつい録画ボタンを押してしまった。

海野雫(うみのしずく)という若い女性が、余命宣告を受け悩んだ挙げ句単身で島にあるホスピス「ライオンの家」に入り、旅立つまでに出会った人や心の移ろいが一話毎のエピソードを交えて描かれる。

脇に出る俳優さん達は名前を知っているか、名前は知らなくても顔は馴染みがある人がほとんどだが主演の土村芳さんというのは恥ずかしながら今まで全く知らなかった。
しかし死に直面した人間を暗くならずに演じられたようで大したものだと少々感心してしまった。

百獣の王ライオンは敵から襲われるような心配がほとんど無い。ホスピスのゲストにはこんな気持ちでゆっくりと過ごして欲しいと名付けられた「ライオンの家」では、3時のおやつには毎回ゲストの想い出付きリクエストが抽選されて、当たったそのおやつが皆に出される。

そのおやつと共にゲストの人生があぶり出され、それらのエピソードやふれあいによって雫は自分の死を穏やかに受け入れるようになっていく。

全8回を8日間かけて一日一話ゆっくりと観たが、見るたびに「自分に降りかかったらどうだろうか」という思いが湧いてしまい2回連続は重いと思ってしまった事もあるかもしれない。

人生や死に関する色々な事を毎回問われたような気がするが、雫が死んだ母親などに心の中で会えて穏やかさのなかで迎える最期は誰もの救いでもあったような気がしている。

最終回は、死んでもその人の人生は他の人の中で何かしら受け継がれるというのがテーマだったように私は理解した。

◎歩きの途中あちこちで南天が実を付けているのを見るようになった。
f:id:kfujiiasa:20211127132802j:plain
f:id:kfujiiasa:20211127132823j:plain
これは実が白い、こんな南天もあるのだろうか?
f:id:kfujiiasa:20211127132943j:plain

厚狭毛利家代官所日記㉑文久2年(1862)③村継ぎの事例

ふるさと厚狭を給領地とした厚狭毛利家の民政記録・代官所日記を現代文に直す。今回は11月26日のこのブログにまえがきとして書いた「村継ぎ」制度の具体例を3件書き出す。

①4月4日の記録 船木市(ふなきいち)町役人から代官所への届け、

安芸国(広島県)海田郡海田駅新町 三国屋幸助の娘 きぬ と云うもの、奉公の為去年3月国元を出て下関で働いていたところ図らずも病気になり、国元へ帰りたいとのことで今年3月23日下関を立ち船木まで来たところで病気が重くなり歩くことが出来なくなったと申し出があった。

早速病体を見て宿で保養をさせたところ少々快方に向かったが歩行が難しく、そのうえ路料(お金)も無いので村継ぎ送りにしてくれと願いを受けました。
経過を書付にしたうえで籠(かご)に乗せて今日船木から送り出しました。

②7月6日の記録 逢坂村(おうさかむら)庄屋から代官所への届け、

豊後国(ぶんごのくに・大分県)杵築(きつき)秋手郡庄屋原兵衛管内の畔頭(くろがしら)茂吉組百姓仙吉の弟新平と云う者、今年2月国元を立ち、諸国神社仏閣順拝に出て追々帰国しようとして私の管内まで来たところで気分が悪く、歩けなくなり難儀していると申し出があった。

早速見分したところ相違なくまた国元の寺往来手形を所持しており、食事を与え介抱していましたが急に良くなる様子はありません。
片時も早く国元に帰りたいとの願いながら路料貯えも無いので御慈悲を以て兄仙吉のところまで村継ぎ送りをして欲しいとの願い出から、今日当所から籠(かご)で送り出す事をお届けします。

③7月22日の記録 船木市町役人から代官所への届け、

備後国(びんごのくに・広島県)三坂村庄屋源九郎支配の伐助と云う者、4月に国元を出立 肥後(熊本県)清正公(せいしょうこう・加藤清正を祀る社)へ参詣しての帰り掛け、昨日当所まで来たところで病気となり難儀していると申し出があった。

早速病体を見たところ至って重い様子で、宿で腹薬を用いて保養を加えたところ追々快方の様子はあるものの急に歩行は出来るようにはならない中で、片時も早く国元へ帰りたいが路料賄い分もなく村継ぎ送りにして国元まで送り届けて欲しいとの願いであり、今日籠に乗せて送り出しました。

☆これら病人の送り出しと併せ、旅人の死亡も散見され例えば
・同年5月29日の記録に、紀州(和歌山県)の高野山領の百姓夫婦が日本廻国(日本のあちこちを廻る)の旅に出て、逢坂村で妻が病気で死亡したことが庄屋から代官所へ届けられ、見分の為役人が出張している。

◎今も昔も前途の困難さが想定されるなか、旅に出たい旅に出る必要があるという状況に変わりがないことが良く分かる。
しかし娘の独り旅や夫婦で日本廻国など、困難が想定されるなかよくぞ決断したなと私には思えるのだが。

それもこの当時江戸幕府の御触れ等が地方まで行き届き、旅人の安全がかなり維持されていたことに依るものと考えられる。しかし幕末の混乱期はもう目前に迫っている。

◎ネットフェンスからのぞく鮮やかな白い菊
f:id:kfujiiasa:20211128155323j:plain
f:id:kfujiiasa:20211128155344j:plain

倍賞千恵子さん「年齢なんて、数字にすぎない」

日経新聞の特集記事「人生100年の羅針盤」に俳優・歌手 倍賞千恵子さんが登場されている。
倍賞さんは私の好きな俳優の一人で2019年4月28日のこのブログでTVの「サワコの朝」に出演された事を書いたことがある。

今年6月で80歳を迎えられたそうで写真を見ても年相応の変化のようで、無理に容姿を作られず自然体のところがとても好感がもてる。
記事の中でこれまで腎臓結石、脊椎を痛める、乳ガンなどに苦しまれたそうで一時期その影響が容姿にも表れどうされたのかと思っていたがどうやら健康を取り戻されたらしい。
f:id:kfujiiasa:20211127132422j:plain

私が若い頃の青春スターは日活の吉永小百合さんと松竹の倍賞さんがその双璧だったが、その倍賞さんの出世作「下町の太陽」は今回初めて知ったのだが山田洋次監督の作品とのことで、「なるほどな」と思ってしまった。

倍賞さんは「男はつらいよ」シリーズの「さくら」や「家族」「故郷」などの「民子」役で山田洋次監督の映画にはなくてはならない俳優であったことが強く印象に残っている。何れも下町や地方で健気に精一杯生きる女性を演じている。

以前にも何かの折りに触れたことがあるが倍賞さんの歌はとても素直で抑揚が少なく、もちろんこぶしなどもなく私のような音痴には歌の先生として最適な気がして、気に入った歌が見つかるとYouTubeで倍賞さんのカバーがないか捜すようにしている。

座右の銘は「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」とのことで農家に生まれ稲の育つ様を身近に見てきたものにとってとても説得力のある言葉と言える。

記事中にある、元気の源は「無理しない自然体の生き方」という答えや表題の「年齢なんて、数字にすぎない」は私も見習いたいと思っている。

◎昨日朝、歩きの途中八尾空港に隣接する自衛隊の駐屯地を金網越しに見ると前日にはなかったものが2基設置されている。
形状から見ると昨今話題になっている敵ミサイル迎撃用のPAC3のように思うのだが?
f:id:kfujiiasa:20211128154704j:plain
f:id:kfujiiasa:20211128154722j:plain