厚狭毛利家代官所日記No51慶応2年(1866)⑥軍艦購入費の献納と玉木文之進

四境戦争が孝明天皇の勅命で休戦、実質勝利に終わった後、厚狭毛利家のある長州藩吉田宰判では此の後の防備のために軍艦を購入する費用を村々が献納したことが代官所日記に記されている。

9月23日に記録されている願書覚え(この部分は山陽町史の訳を引用)

『今般四境へ向かう敵とついに開戦となったが、諸口とも勝利を得たことは、ひとえに御正義貫徹のためで下民に至るまで一統よろこぶところである。しかしこの後の海防の要務である軍艦購入については、吉田宰判中銘々よりも、数百年来の御高恩の万分の一をも報いたいため、多少の献金をしたので費用の一端に加えて頂きたい』

献金額諸村合計(人別村別の詳細は別にあり)

・金、8904両2歩3朱、札銀38貫余り

この願書は吉田宰判の村役人トップである大庄屋から提出され当時の郡奉行(こおりぶぎょう)・玉木文之進から吉田宰判代官宛に以下のように沙汰されている。

『志、神妙につき召し上げられる、献納者への賞美は別途詮議する』

🔘厳しい四境戦争に勝利したことで藩内の上下が高揚していることが良くわかる。

🔘長州藩に於ける郡奉行は藩内の地方(じかた・村々)の民政、年貢などを統括し、藩内18の行政区である各宰判(さいばん)の代官所を指揮する役職である。

🔘この日記に出てくる当時の奉行・玉木文之進吉田松陰の叔父に当たり松下村塾を創始、松陰を厳しく教育したことで知られる。

また親戚に当たる乃木希典も指導した。

玉木文之進は明治になって松下村塾を再び開いて子弟を教育するが、前原一誠の「萩の乱」に子弟の多くが参画したためその責任を取って自決した。

🔘日記に突然玉木文之進の名前を見付けることができたのだが、これこそ歴史を追いかける嬉しい醍醐味かも知れない。

🔘施設の屋上に蝋梅が咲いていることを入居者の方に教えられたが、すれ違いで残念ながら見た時期が雪や雨に打たれた後になってしまった。

 

【蝋梅の香りや何処(いずこ)雨あがる】

 

 

にっぽん百低山・金剛山

NHKTVに、酒場詩人を自称して「酒場放浪記」で著名な吉田類さんが山登りに挑戦する「にっぽん百低山」と言う番組がある。

もちろん題は深田久弥(ふかだきゅうや)の「日本百名山」をもじったものに違いないが、私も山歩き程度であれば好きなので番組表で見付けると録画して見るようにしている。

今回の低山は大阪府奈良県にまたがる標高1125mの金剛山と言うことでワクワクしながら見終えた。

私もリタイヤ後確か6~7回は登ったはずで、麓にあるマス釣り場にも孫などと一緒に数回行った。

この山は大阪府で唯一の村である千早赤阪村にあり、鎌倉時代末期、後醍醐天皇建武の新政の先駈けとして活躍した南朝の忠臣・楠木正成が拠点とした千早城が有ったことで有名で、城跡もあり番組内でも吉田さんが立ち寄った。

この山に登るルートは沢山有り吉田さんは富田林駅からバスに乗り千早城跡に直接行きそこから登るルートを選ばれたが私は駐車場の関係で他の3種類のルートを経験した。

番組のルートもそうだったがこの山は登り始め辺りが急な上りで最初にカウンターパンチを喰らうことになるが、そこを越えると後は兎に角一歩一歩何れ必ず頂上に着くことを信じて歩き続けるだけである。

私は大体頂上まで平均3回位休憩していたが若い人にはどんどん追い抜かれる。中には毎日小走りで登る人がいてその人たちが降りてくるのにすれ違う時は少々ヒヤヒヤすることがある。

頂上には登山の度にスタンプを押してくれる場所、売店休憩所、大阪平野全体を見渡せる見晴し台があり、番組でもその絶景を楽しんでいた。

番組では登山を終えての定番が麓に降りての飲み会で、この回では、カフェで、金剛山の水で作った地ビールと地元野菜を使った窯焼きピザで乾杯。

この組み合わせはこたえられない旨さだろう。山登りの後のビールと食事は本当に旨いのだが、私の金剛山行きは利便性から麓まで全て車でありビールとは無縁であったのが少々心残りと言える。

番組の終わりで何時も出る吉田類さんの俳句は

 

【金剛へ枯葉ふむおと数珠のおと】

 

酒場詩人には及びもつかないが私の想い出を、

 

【金剛の虹鱒釣らん孫きりり】

 

🔘介護棟の庭シリーズ、画像検索ではリナリアと思われる。

 

厚狭毛利家代官所日記㊿慶応2年(1866)⑤四境戦争・小倉口での不幸な出来事

1月30日のこのブログに厚狭毛利家・強義隊が小倉口から凱旋し戦死者4名を祀るため領内挙げて招魂場の建設が行われたことを書いた。

代官所日記にはこの戦死者とは別に夫卒(人夫)の行方不明者についての記載がある。

・12月4日の記録

『去る7月強義隊が小倉に出張した節、杣尻(そまじり)村百姓兵左衛門長男・政之進は中間(ちゅうげん)として同行、28日敵方に捕らわれ今もって行方不明になっている。父親から葬式を営みたいとの申し入れがあったが見合わせるよう伝えている。

本日招魂祭を行うに当たり御救料として金5両を下された。

尚政之進が来春になっても帰還しない場合改めて詮議する。』

・慶応3年7月19日の記録

『中間・政之進は今もって帰らず敵に捕らわれたのは来る29日(丸1年経過)に当たり葬式の支度を営みたいと願い出があり許された。

同年7月29日杣尻百姓政之進の事、今日葬式が営まれお救いとして金2両、米1俵が下された。』

 

🔘夫卒(人夫)としての従軍であり、調べてみると、明治11年の「観山(ものみやま)招魂社由来」にその記述があり「原田政之進略伝」として名字が付いて書かれている。

その経過は、敵地九州に上陸後豊前国(福岡県)大里の庄屋を呼ぼうとして敵に捕縛されて小倉に連行、拷問の後死刑に処されたようである。

招魂場に祀られ碑も建てられたとあるのは僅かな慰めだが、本来民間人として終わるはずのものが犠牲になっている記録は、昨今のウクライナの状況とも併せ痛ましいことである。

 

【古文書に東欧の冬重なりて】

 

🔘介護棟の庭シリーズ、画像検索ではビデンスに合致するのだが。

 

 

 

厚狭毛利家代官所日記㊾慶応2年(1866)④招魂場の建設

四境戦争から凱旋し戦死者も出たところでその霊を祀るため長州藩挙げて各地に招魂場を建設することが進められた。

厚狭毛利家領内に於いてもこれに呼応した動きが11月16日から12月6日までの日記に記録されるているが、全体の字数が多いので現代語に直した要約を以下に記す。

・物見山に招魂場を建設することが決まり、厚狭強義隊、代官所役人、村役人一同で面積を当たり、縄張り等を行い帰ってきた。

・同所には個人所有の土地もあり買い上げることになった。

・建設は19日より取り掛かるが地方(じかた・村々)より4日間に分けて日割りで加勢するようにした、その地区に住む厚狭毛利家臣や農兵も同様である。(日割りの地域区分があり)

・加勢に出るものは弁当、鍬など諸道具持参して朝七つ(冬なので現在の5時頃)に出勤すること。

・毎日の進行状況、予定以上の加勢の状況、米や酒の献納、厚狭毛利家当主奥方幼君の見物、等が記される、特に24日は船木より男女凡そ千人が出たとある。

・また子供、婦人が美しくして加勢したとの記述もありまさに山口県民謡「男なら」の世界である。また厚狭の町方からは毛利家居館近くで舞いが披露されお酒が下された。

・12月25日棟上げ予定が2日間延びて更に加勢を募り、村役人からの献金も重ねてあった。

・完成を受けて12月5日招魂祭を挙行する。招魂祭では小銃、大砲の発砲があり事前に藩の吉田、船木宰判両代官所へ申し入れた。

・12月5日は正午より行軍形式で招魂場に行き大宮司による勤めが終わると大隊演習を実施、終了後お酒が下された。

 

粕汁や藁葺き屋根の囲炉裏端】

 

🔘介護棟の庭シリーズ、キンギョソウの仲間と思われる。

 

「物語・廃藩置県」②

1月26日のブログの続き

幕末に本来幕府側で戦うと思われたにもかかわらず土壇場で薩長中心の官軍側に付いた(幕軍側からみると裏切った)三藩の内残り二藩のその後、

②淀(京都府)藩10万2千石

桂・宇治・木津の三川が合流する地点にある淀城は幕府が京都防衛の拠点として設けた城で権威の高い大名が配置された。

幕末に淀藩主であった稲葉正邦は風雲急を告げる時期京都所司代から老中を勤め、鳥羽伏見の戦いの際も老中として江戸に在った。

鳥羽伏見の戦いで敗走した幕軍は淀城に至り態勢を整えるべく入城を迫ったが、淀藩の留守居はこれを許さず、幕軍は怒って城下に放火し大阪へ逃れた。

幕軍兵士の心境を思うと自分達は誰の為何の為に戦うのかと言う疑問と怒りが爆発したに相違ない。

元々淀藩は戦略上創設された藩であるため、城の近く山城国(京都府)の領地が全体の4分の1しかなく、領地が10ヶ国、25ヵ所に分散していると云う特殊な成り立ちで一旦そのまま淀県になったが、このままの状態が効率面からも許されるはずがなく府県統合で淀県は廃止、京都府やそれぞれの領地毎にその地の県に併合され汚名のみが淀に残った。

彦根(滋賀県)藩35万石

近江国彦根藩井伊家は徳川譜代筆頭でありまた非常時は大老を出す家柄で、西国大名の抑えとして譜代大名としては破格の高禄を得ていた。

幕末尊皇攘夷派の弾圧・安政の大獄を発動した大老井伊直弼桜田門外で暗殺されて後、彦根藩は政治の嵐を身をすくめて避けるような立場を取り、幕府の長州征伐が失敗に終わると更にこの立場を鮮明にし、王政復古が号令されると速やかに新政府への服従を表明し戊辰戦争を官軍側に立って戦った。この変り身には驚く他なく泉下の井伊直弼も言葉が無かったに違いない。

明治4年の廃藩置県によって近江国(滋賀県)には旧藩と同じく6県が誕生、その後の統廃合で大津県と長浜県の2県になり彦根県は長浜県に編入された。さらに明治5年長浜県から犬上県、大津県から滋賀県へその後犬上県と滋賀県が合併して現在の滋賀県が誕生、県庁は大津に決まった。

この頃でも人口は大津より彦根の方が多くまた地形的にも彦根滋賀県の中心に当たるがこの間の統廃合で彦根の名は全く候補にあがっていない。これは新政府の中枢を占めていた討幕諸藩の怨念のせいだと云う説がある。

 

【北風が背中(せな)を急かせる坂の道】

 

🔘介護棟の庭シリーズ、ローズマリー

 

「物語 アラビアの歴史」

蔀 勇造(しとみ・ゆうぞう)著「物語 アラビアの歴史」中公新書版を読み終えた。と言っても文中に出てくる人名や地名に手こずり、正直言って系統的に頭の中に収まったのは近世以降の内容に他ならない。

著者はアラビア古代史や東西海上交流史が専門で副題が「知られざる3000年の興亡」とあるように紀元前から現代に至るアラビア半島やその周辺部エジプト、イラン・ペルシャ等も時代により含めて概説している。

私自身が今まで持っていたアラビアのイメージは「アラビアンナイト」「イスラム教」「砂漠」「アラビアのロレンス」「王制」「石油と天然ガス」「中東戦争」「アラブの春」と言った断片的なものであったが、固有名詞に戸惑いつつもこの本のお陰で、この地域にも3000年以上に渡る連続的な歴史と成り立ちがあったことが少し理解できたような気がしている。

アラブとは元々定住民から見た民族・種族を問わないラク遊牧民を指し、現在一般的に云われるアラビア語起源の「ベドウィン」と同じような語であり、そのラク遊牧民の土地を「アラビア」と呼んだと言う説明は極めて興味深い。

また紀元前12世紀頃ラクダが家畜化されこれに荷を背負わせる鞍が考案されたことで、砂漠を縦横に越えて行う隊商交易が可能になりアラビアの歴史を画することになったとあるのも新しい知見である。

詳細はさておき、15世紀以降ヨーロッパ人の来航やオスマン・トルコの支配に始まるアラビアの近世は、ヨーロッパ各国の駆け引きや部族英雄の興亡と云った点で全ての事象が現在の独立した諸国家を形造る基礎となっていることが良くわかる。

また現在の繁栄が石油や天然ガスに由来していることは明らかで、将来これらが枯渇や採掘停止になる予測を踏まえ、著者は巻末の「おわりに」に以下のように極めて厳しい見方を書いている。

『来世紀のアラビア半島は、イエメンやオマーンの高地帯を除けば、月世界のような砂漠に都市の廃墟が広がるという、近未来映画で見るような光景を呈しているかもしれない。ともあれ、後から振り返ってみれば、これも長いアラビアの歴史の一つのエピソードにすぎないことは、まちがいのないところである』

 

🔘先日の雪で施設のどなたかが中庭の陰に雪ダルマを作られたが昨日の雨で表情が泣き顔に変わってしまった。

 

【雪達磨笑顔儚(はかな)き雨に泣く】

 

英雄たちの選択「森鷗外37歳の転機~小倉'左遷'の真実」

NHKBSプレミアムで放送された英雄たちの選択「森鷗外37歳の転機~小倉'左遷'の真実」を録画して観終えた。

夏目漱石と並ぶ明治の文豪・森鷗外は昨年没後100年を迎えたことから色々な企画が実行されておりこの番組もその一環と言えるかもしれない。

若くして陸軍軍医に任官、ドイツ留学を経て軍医の頂点である陸軍軍医総監・医務局長に昇り作家としても大成した鴎外だが、唯一の挫折とも云える37歳からの小倉第十二師団軍医部長への転勤を取り挙げ、その異動(左遷)が鷗外にもたらしたものを見つめ直す番組である。

人事異動は私も含めて組織で働く(働いた)誰もが身につまされる話と言える。

エリート軍人で作家活動も東京で行っていた鷗外の中央から外れた小倉勤務3年間は多くの人が注目するところで、例えば作家・松本清張は『或る「小倉日記」伝』で鴎外の小倉時代の日記追跡に生涯を捧げた人物を描き芥川賞を受賞した。

番組では作家・平野啓一郎、日本文学研究者・ロバートキャンベル、歴史家・磯田道史各氏がこの小倉時代を読み解いているが、三人共にこの転勤を受け入れることを是として、この小倉時代こそが後の作家として大成し、軍医総監として昇り詰める基礎作りの場になったと評価している。

・単身で小倉に赴任するなかで「素」で生きてバイタリティー溢れる庶民と日常的に接することにより、今までに無い感動とそこからくる栄達とは無縁の自由な心を得た。

・また生涯の友となる僧侶とも出会い仏教の知識(唯識)も得て、全ての事は心の持ちよう次第であることを理解した。

・また鷗外は小倉時代にドイツ語文献の翻訳活動を行っているが、翻訳は律儀に作業的にする必要がありこれが心の鍛練になり平衡心を回復した。

小倉時代にこのような実りを得て東京に戻り、軍医トップに昇り詰めると共に「高瀬舟」などの150以上といわれる旺盛な作家活動を行った。

よく知られているように鷗外は60歳の死に臨んだ遺言で「あらゆる肩書き称号を排し石見(島根県)人森林太郎として死せんと欲す」と書いた。これを受け郷里・津和野の墓にはただ「森林太郎墓」とだけ刻まれている。

🔘それにしても理と文の両方の分野で道を極める事が出来ていることに今更ながら驚くばかりである。

 

粕汁に鮭と人参色競う】

 

🔘介護棟の庭シリーズ、モクビャッコウ(木白香)と思われる。