経済・企業

中断中のひとりごと⑰インドへの考察④RCEP

色々なニュース媒体が、日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など15ヶ国が参加をした、東アジア地域包括的経済連携協定(RCEP)が発効する見通しであることを伝えている。この協定に中国が参加したことで、日本は中国に輸出する工業品の関税撤廃率が現状の8%…

中断中のひとりごと⑥日経新聞、電子版から新聞紙へ変えて思うこと

しばらく日本経済新聞は電子版をずっと購読してきたのだが、下宿中の大学生の孫と話をした際に、ボチボチと日経新聞を見た方が良いだろうということになり、電子版の購読を止めて新聞紙を配達してもらい、それを2人で廻し読みすることにした。何か時代に逆…

中断中のひとりごと「金融入門」

我が家に下宿中の孫が、大学の講座選択や進路の関係で金融や保険業界の事を聞いてきたので、・今の金融関係は金利の低下に苦しめられており、その為リストラやIT化の深掘り、等が必須であること。 ・特に地方銀行等に苦しいところが多い。 ・JAも国からやり…

ふるさと厚狭の石炭③

〈8月30日ふるさと厚狭の石炭②の続き〉 昭和の時代に入ると家庭用練炭(れんたん)が普及し始めこれの原料としての需要から昭和7年埴生(はぶ)炭鉱が再開、昭和12年には旧野上炭鉱が生田(いくた)炭鉱として再開した。日中戦争が始まると石炭は産業エネル…

ふるさと厚狭の石炭②

〈8月26日ふるさと厚狭の石炭①の続き〉明治2年4月長州藩石炭局は吉田宰判(よしださいばん、長州藩内西部の行政区画)内の石炭確保に乗りだした。厚狭・郡村荒草(こおりむらあらそう)由田ヶ浴石炭山、同百合野石炭山、及び山川村下村石炭山の3ヶ所が対象…

タイの反政府集会報道に思う

7月以降断続的に続いているタイの反政府集会で最近、王室の改革を求める声が出ているとの報道に接している。 現役時代タイに駐在していた時に見聞きしたことや、その延長でタイの政治・経済に興味を持ち続けている立場からすると 「とうとうそこまで来たか…

孫の運転免許取得と雑感

我が家に下宿中の孫が、運転免許証を手に入れたと言いに来た。 教習所が、コロナ騒ぎの緊急事態宣言で一旦閉鎖になったあおりで予定よりも大分遅れたが、何とか大学2回生のあいだに終えることが出来て一安心。私の世代であれば、あの車がカッコいいとか、あ…

国産ジェット旅客機の立ち往生

今年の1月17日三菱重工の国産ジェット旅客機・スペースジェットが機体制御の設計変更で6回目の納期を変更し、剣ヶ峰に立っていることを書いたが、今回駆け巡っているニュースは、このジェット旅客機の更なる困難を告げており、正に危急存亡その時を迎え…

コロナ時代の部品供給と3Dプリンター

日経電子版と日経新聞本紙のコラム「Deep Insight」で〈「どこでも製造」は夢物語か コロナ時代の供給網探れ〉と題して 3Dプリンターの活用について面白い記事が載っている。・コロナウイルス感染者が急増した今春、パリ公立病院連合が急きょ米国製3Dプリ…

商船三井のデータを活用した海運現場の改革

商船三井は日本郵船と並ぶ日本屈指の海運会社で、世界の景気動向を見る上で非常に参考になる会社で、世界的なバラ積み船の指数・バルチック海運指数と合わせ個人的にその動きをずっとウオッチしている。最近日経新聞の系列でこの商船三井が取り組んでいる、…

財政赤字の報道 / 母の日のカーネーション

日経電子版の記事に、新型コロナ関連の景気対策で各国共に財政赤字が拡大している事が載っている。現時点での2020年の各国対GDP比率は日本が14.3%、米国13.6%、ドイツ18.2%、英国12.6%等である。一見日本も各国比大差がないようにも見え…

原油の値段がマイナスに!!

ここ数日の経済が主体のマスコミ、日経やブルームバーグ通信等の報道には本当に驚いた。ニューヨーク取引所でのWTI(西テキサス油種)の直近5月に決済される先物価格が一時1バレル、マイナス40$で取り引きされたとのニュースが流れた。 これは1バレル(約…

原油価格の下落が凄いことに。

コロナウイルスの影響で経済面の指標や価格の変動が激しく、毎日のニュースをにぎわしているが、私が今一番注目しているのが原油価格の動きでここ最近の下落は只事ではない。原油の指標の中で最も注目度の高いニューヨークで取引される西テキサス原油を基準…

JAモニターの終了

一年間委嘱された地域JA(大阪中河内農協)のモニターが終了した。 本来最終の懇談会が開催予定であったがコロナウイルスで延期の上、更にその後中止となり代わりに今日、終了アンケートを提出して来た。生家が農家だったので農協は子供の頃から親近感があった…

クモの糸由来の人工タンパク質繊維

昨年(2019)初頭以降に時折マスコミに取り上げられるようになったスタートアップ企業で山形県に本拠があSpiber(スパイバー)社に注目している。社名はスパイダー(蜘蛛)とファイバー(繊維)から来ておりクモの糸をヒントに人工タンパク質で出来た繊維…

今は経済の学びとき

元々世界経済に不安が有ったところにコロナウイルスがトリガーとなって一挙に、原油を始めとした資源安、株安、国債金利低下、為替変動円高が世界で同時進行している。 2008年のリーマンショックから10年以上が経過し、経済のサイクルから見ても極めて…

マクドナルドの復活

ゴルフで朝早いスタートの時には家で朝ごはんを食べる時間がないので、途中のマクドナルドで「朝マック」を利用する。 また下宿中の孫がいる関係もあり時々昼用にハンバーガーを買って一緒に食べる。 最近またマクドナルドが賑わいを見せており店舗も以前より…

鉄鋼スラグの活用

製造業のことなら大概の知識があると思っていたが製鉄の過程で出る副産物、鉄鋼スラグが大量に資材として活用されていることは全く知らなかった。コメダ珈琲店での週刊新潮に「SDGs(持続可能な開発目標)の時代に」と言う広報記事があり、今回はこの鉄鋼スラグ…

女子プロゴルフ「ダイキンオーキッド」の中止

若手の活躍で盛り上がっている女子ゴルフ今年の開幕戦で3月5日から始まる予定だった沖縄琉球GC「ダイキンオーキッドレディース」が、コロナウイルスの影響で中止になった。 ゴルフファンの一人としてとても残念だが国を挙げて対応の 一環ではやむを得ない。…

ダイナミックプライシング

私は雨のなかでゴルフをするのは、「ご免なさい」の口で出来ればキャンセル料を払ってでも止めたい方だが、コンペなどでは雨でもプレーせざるを得ない場合がある。だから寒い雨の日と、秋晴れの気持ちいい日のゴルフの値段が同じなのはどうもおかしいと常々思…

中国石油需要急減の衝撃

昨日のブルームバーグ通信が配信した中国石油需要が急減していると言うニュースは、小さく取り上げられただけだが私から見るとその減少幅が衝撃だった。コロナウイルスの問題で、日本への帰国者の発生率から見て中国の罹患率があまりに低いので実態はもっと…

インドへの考察①インド経済への私見

丁度一年位前に何かの成り行きで一番上の孫が、周りの友人等が「もうじきインド経済が中国を越える」と言っているがどう思うかと聞いてきたが、私は「インドはヒンズー教の国で成長に限界がある」と答えたように記憶している。よく知られているようにヒンズー教…

散髪屋さんのこと

今日は色々用事が控えており、順番に済ませていくつもりで先ず散髪屋さんに行ってきた。大体前回に行って1ヶ月と少し以上経つと上方の髪と下の髪が重なる箇所の櫛が通り難くなり、寝癖が付いて始末に困るのでこれをもっぱら目安にしている。今定期的に行っ…

国産ジェット機の行方

三菱重工業の国産ジェット旅客機「スペースジェット」が正に剣ヶ峰に立たされている。 私の感覚ではこのプロジェクトの成否は日本の製造業の先行指標になるのではと早くから思い、ずっと注目している。 然し周りの期待に反して納期は5度も延期され、三菱重工…

デジタル通貨リブラ

ビットコインをはじめとする仮想通貨はブロックチェーンという新しい技術を用いて一時期注目されたが、価値が乱高下して当初想定された世界横断的な支払手段から投機目的の資産に変質してしまった。去年のビッグニュースの一つであったフェイスブックが主体…

水素エネルギーへの期待

地球温暖化防止対策でエネルギーの転換を求める声がニュースにならない日はないが、太陽光発電や風力発電などについては 実用面や技術面で懐疑的に思っている。現時点で個人的に一番期待しているのは水素エネルギーなのだが、小規模のものではすでに大阪ガス…

プラスチックごみ対策「Loopループ」

海洋プラスチックごみによる汚染や生態系への影響が、色々な場面で語られているがこれに対応した「Loop」と呼ばれる新たなビジネスモデルが世界で動き出しているらしい。米のP&G、ペプシコ、スイスのネスレ、日本でもグリコやサントリー等の世界大手日用品、食…

心沈むふるさとの三景

今年、用事と同窓会で2度帰省したが、途上で見た今でも気になる景色がある。その一つJR徳山駅近くの海側に広がる、出光興産、日本ゼオン等の石油化学コンビナートの設備外観の老朽化である。 遠くからでもはっきりと赤い錆が至るところに見られる。もちろん…

滋賀県・大津市瀬田でのゴルフ

昨日は近所のゴルフ同好の4人(Kさん、Iさん、Mさん、自分)で瀬田の唐橋で有名な滋賀県大津市瀬田にあるゴルフ場でプレーしてきた。 天気予報では全ての予報機関で昼頃から雨となっており、風邪の治りかけなので雨が降ってきたら途中で止めようかと心配してい…

国産ジェット機への部品供給から東レの撤退

日経の各種媒体から報じられている、東レが三菱重工業の国産ジェット機事業「スペースジェット」の部品供給から撤退するニュースは私にとって大ショックだった。 6月7日のこの日記でも書いたように「スペースジェット」は陰ながらずっと応援しているプロジェ…