「太平洋戦争秘史 周辺国・植民地から見た日本の戦争」

山崎雅弘著「太平洋戦争秘史」朝日新聞出版刊をようやく読み終えた。「秘史」とあるので先の戦争について偏った立場からの見解が示されるのではと多少身構えて読み始めたがその心配は杞憂で、広範囲に渡る中立的な内容を時間をかけてじっくり読ませて貰った。

 

副題に「周辺国・植民地からみた日本の戦争」とあるように太平洋戦争の影響を直接、間接に受けた諸国、・仏領インドシナ(現ベトナムラオスカンボジア)・英領マラヤ(現マレーシア)・英領シンガポール・米領フィリピン・蘭領東インド(現インドネシア)・英領ビルマ(現ミャンマー)・英領インド・英租借地香港・独立国タイ・独立国モンゴル・英連邦構成国オーストラリア、ニュージーランド、カナダが取りあげられている。

従来太平洋戦争を振り返る場合、米、英、蘭、中、ソなどの大国間の政治軍事関係が大半であったがこの本は東南アジアなど周辺国各々に細かく光を当てその実態を詳述し日本の過ちが読者に自然に理解されるようになっている。

私は現役時代かなりの時を東南アジアなどとの仕事に費やして来たが、その折に事前に各国と日本の太平洋戦争に於ける経緯を勉強したつもりでいたが、この本を読んでみてその理解は甚だ不充分であったと少し反省している。

「やった者は直ぐ忘れるがやられた者は決して忘れない」という言葉があるが、自虐的になる必要はないが、事実を直視してその上に立って国際社会と互換性のある認識を持つことの必要性を強く感じさせる本である。

各国の関係史で知り得たことはあまりに多くここでは詳細は避けるが、私自身いちばん深く考えさせられたのは戦争の初期段階で多くの国や地域を軍事的に占領した日本が一部を除き強圧的な民政で失敗し民心の離反を招いているという事実である。

この事はこれからの日本が否応なく考えざるを得ない移民問題などに向き合う上で大切な歴史から得られた知恵のひとつかもしれない。

何れにせよ良い本に巡りあった気がしている。

🔘今日の一句

 

ビル街に農事想わす走り梅雨

 

🔘施設の庭にある一本の柿の木、花からの実りへの過渡期を迎えているが木の大きさの割に実るのが少ないような気がする。立派なガクが目立つ。