2021-04-10から1日間の記事一覧

ミチクサ先生・「文学というもんは何の役に立つんかね?」

日経新聞に連載中の作家・伊集院静さんが、夏目漱石を主人公に書いている小説「ミチクサ先生」では、親友・正岡子規が既に亡くなり、漱石は丁度、政府派遣の英国留学を終えて帰国した。家族の出迎えを受けるが、東京新橋駅へ向かう汽車中で岳父(がくふ・妻の…